風のうた 小さな僕の自由な詩

楽しかったり、嬉しかったり、悲しかったりする時、伝えたい思いがあります。
そんな思いを詩に込めて

光追って

2016-10-12 15:28:07 | 
駆けて行くどこまでも
届かぬ光追って
空の光にいだかれてる
いつかの日の僕よ

子供の様だと
君に笑われたのさ
一日が短くなった
灰色の君に

駆け出したいけど
それが出来ないのは
繰り返す過ちの中で
大人になったから

風の音に耳を傾け
時を過ごすのは
気忙しさの中の僕を
忘れたいから

だから運命と出会っても
他人と同じだね
どこかで見た景色
集めているね

駆けて行くどこまでも
ささいな光追って
街の光が小さ過ぎる
悲しみの日々

どれだけ時が流れても
傷つくだけでも
届かないあの光追って
明日を求めた




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涙を笑顔に | トップ | 涙の数だけ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL