風のうた 小さな僕の自由な詩

楽しかったり、嬉しかったり、悲しかったりする時、伝えたい思いがあります。
そんな思いを詩に込めて

心のままに

2017-04-21 05:32:18 | 
ただ心のままに生きていたいと
街角の人波につぶやいた君が
やがては悲しい事にとらわれてしまう
それが分かっていても
何もしてあげられないのは
僕らの旅する日々がすれ違う誰かの中に
優しさを求めてしまうから
間違わないでいたくて
またやり直す今日の事に
少し疲れて目を閉じていた
その横顔に街のハーモニーひとつ流れては
風はどこに行くのだろう
愛おしくて愛したいのに
遠ざけたあの日の誰かに
今さらだけど心を伝えている
夜が明けるその時までそうしていて
ノートの切れ端に書いた言葉
僕のあり方僕の色彩よりも
何かを大切にする事に演じていた
心を聞いてあげなきゃ
誰でもなく僕自身が
見失うものを探すだけの日々に
汚れてしまうこと恐れないで
空っぽになってしまっても
またひとつひとつを
埋めていけるから
今は何も言わないでいてね
その優しい言葉に傷つく
涙を少し明日に立ち向かう事に
とっておきたいから
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永遠の虹 | トップ | ちいさな約束 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL