風のうた 小さな僕の自由な詩

楽しかったり、嬉しかったり、悲しかったりする時、伝えたい思いがあります。
そんな思いを詩に込めて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

せめて私の全ては

2017-04-04 16:58:28 | 
思い出に鍵をかけたのは遠い日
私には必要なものでさえいらないと
雨は気付けばぽつりぽつりと降って
何を洗い流していくのでしょう
古いアルバムに書き込んだ今日の私を届けて
誰にも聞かせずつぶやきました
都会の河に流された誰かと同じ
回り道だけ知られれば良かったのに
交差点で信号待ちに
早々とすれ違った人々の群れ

二十歳になれば大人なのに
ポケットに詰め込んだ小銭を握る時だけ
肩をすぼめて人混みぶつからない様
歩くのばかり上手くなります
蜃気楼に手を振るあなたは
優しくてとても冷たいから
時々目の前の私を忘れていました
一本道を歩いて感じる安心ひとつ
それは自由の犠牲だねってあなたの言う
分かりきった事背負わなきゃいけませんか

かくまわれて月へ去ったかぐや姫
あなたが何度も聞かせた話と
私には幼きから堤防もない海岸線
幸せをどちらに定義すべきかも分からずに
歳月に連れられ言い訳が癖になっています
明日も同じ話をするあなたに
苦しみの罪を追いやるべきでしょうか
欠片も大切な割れた鏡に写るのは
私じゃなくても構わないと
だからせめて私の全てはあなたに伝えます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« できる限りで生きること | トップ | 故郷 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事