風のうた 小さな僕の自由な詩

楽しかったり、嬉しかったり、悲しかったりする時、伝えたい思いがあります。
そんな思いを詩に込めて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

壊れた色は僕の原色

2016-10-30 23:37:02 | 
朝も見ていた壊れた欠片
無垢で伝えた僕の原色
命はどこで輝くのだろう
日々の舞台で涙は光る

教えていない隠した音が
雨の日のリズムに乗っている
届かないのは誰かの声と
空の祈りと間違えたから

夢の合間を求める子供
転ばないよう遠くへ歩く
花はやがて種に還そう
ここにいるのは誰かの優しさ

形にこだわる僕の過ち
吐息で分かる単純なもの
敷かれたレールで生き損ねたけど
答えは待ってる扉の前で

時々見ていた遠くの君に
カギは渡しておくからね
心の色はあせはしないよ
壊れた色は僕の原色


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空を切り取る鳥のように | トップ | 聞こえないのは君の声 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL