風のうた 小さな僕の自由な詩

楽しかったり、嬉しかったり、悲しかったりする時、伝えたい思いがあります。
そんな思いを詩に込めて

川の流れに

2017-05-15 22:45:58 | 
石ころひとつ川に投げ入れたら
すぐに流れて見えなくなっていく
そんな事が不意に寂しくなって
ついたため息さえも空に溶け出す
抗う様に生き続けられるほど
強くはなくて
また傷つかぬ様に生きている
あの日心が芯から冷えたのを知り
誰もいない部屋の片隅
涙を隠せずいたけど
無理に流されないよう抗うよりも
流されながらも私を知っていくことが
心のままを愛せる気がして
言葉少なげに川辺に立ってた
ほんの少しの私を投げ入れましょう
今日の心を確かめるように
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の調べに | トップ | おもかげ坂 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL