高崎北ライオンズクラブログ

メンバーのエッセイやクラブの活動や連絡などを掲載していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一日里子

2013-11-04 09:32:00 | 報告
今日は…… 「おじさん」って呼ばれたり 「先生」って呼ばれたり 「戦場カメラマン」って呼ばれたり オマケに 「結婚してるの?」って聞かれたり お疲れさまでした(^^;; でも楽しかったよ\(^o^)/ 【高崎北ライオンズクラブ 一日里子】 高崎北ライオンズクラブでは、11月3日(文化の日)高崎市観音山のキャンプパークジョイナスにて社会福祉法人フランシスコの町の子ども達と一緒に木工教室&バーベキューで一日を過ごしました。 このアクティビティは、2000年から続く取り組みです。 今期は中西社会福祉委員長のもと多くのメンバーの参加をいただき開催できました。 一日の最後に来春卒業する6年生全員からライオンズメンバーへ今までの感謝の言葉をいただき、楽しさと感動のなかお別れいたしました。 また来年の再会を楽しみにしたいと思います(^o^)/ L.草野善晴 【高崎北ライオンズクラブ 一日里子】 高崎北ライオンズクラブでは、11月3日(文化の日)高崎市観音山のキャンプパークジョイナスにて社会福祉法人フランシスコの町の子ども達と一緒に木工教室&バーベキューで一日を過ごしました。 このアクティビティは、2000年から続く取り組みです。 今期は中西社会福祉委員長のもと多くのメンバーの参加をいただき開催できました。 一日の最後に来春卒業する6年生全員からライオンズメンバーへ今までの感謝の言葉をいただき、楽しさと感動のなかお別れいたしました。 また来年の再会を楽しみにしたいと思います(^o^)/ L.草野善晴 . . . 本文を読む
コメント

L大山好弘様 心よりご冥福をお祈り致します。

2013-04-10 17:39:03 | 報告
在籍40年 チャーターメンバーL大山好弘様4月5日ご逝去されました。昭和8年8月22日生まれ(享年79歳) 1973年群馬=箕郷ライオンズクラブ結成より40年。社会奉仕に精進し、多大な貢献をして来られました。 後輩メンバーを 優しい眼差しと柔らかな物腰とで指導して戴きました。 4月7日 40周年記念式典の開催を待たずして 逝ってしまわれた大山ライオン。 どうぞいつまでも私たちをお守りください。さようなら . . . 本文を読む
コメント

高崎北ライオンズクラブ結成40周年記念5年間のあゆみ 2011~2013

2013-04-10 17:02:47 | 報告
. . . 本文を読む
コメント

高崎北ライオンズクラブ結成40周年記念5年間のあゆみ2009~2011

2013-04-09 17:00:54 | 報告
. . . 本文を読む
コメント

高崎北ライオンズクラブ結成40周年記念5年間のあゆみ2008~2009

2013-04-09 16:53:34 | 報告
. . . 本文を読む
コメント

高崎北ライオンズクラブ結成40周年記念 メンバー

2013-04-09 16:37:04 | 報告
会長スローガン ライオンズ活動に情熱を 思いやりの心を育もう! . . . 本文を読む
コメント

高崎北ライオンズクラブ家聖40周年記念事業

2013-04-08 17:14:15 | 報告
宮城県気仙沼市立鹿折(ししおり)小学校へ遊具1式  鹿折小学校では、東日本大震災による大津波が校舎の1.4mまで押し寄せました。校舎への被害に加え 校庭に設置されていた子どもたちの遊具も大きな被害を受けました。 我がクラブでは東日本大震災復興支援の一つとして 気仙沼市立鹿折小学校へ遊具一式を贈ります。 . . . 本文を読む
コメント

高崎北ライオンズクラブ結成40周年記念

2013-04-08 16:22:47 | 報告
2013年4月7日(日)グランドパティオ高崎にて開催 . . . 本文を読む
コメント

世界ライオンズ奉仕デー

2012-10-09 11:51:53 | 報告
10月8日はご承知の通り「ライオンズ・デー」です。 1917年米国ダラスで初めて ライオンズ協会の大会が開かれた日を記念して1970年に制定されました。 この日は全世界のライオンズクラブとメンバーが、自主的に奉仕活動を行うことが慣例となっています。 *高崎北ライオンズクラブ公園清掃班は 堤下公園内の草刈り・除草を行いました。心地よい汗をかく事が出来ました。 . . . 本文を読む
コメント

アイバンク登録の呼掛け

2012-08-13 10:41:54 | 活動報告
8月12日(日) ぐんま「はにわの里」夏まつり会場内にて アイバンク登録の呼掛けを行いました。 . . . 本文を読む
コメント