放送大学で学ぼう

1994年に放送大学、科目履修生として、京都学習センターに登録、入学金は3,000円、1科目7,500円でした。

物質界から精神界へ

2017年05月20日 | 介護・社会福祉・その税制

人間の歴史の中で、おそらく、医療の発達にも寄るのだろうが、誕生から仕事をし、老後を迎え、亡くなっていく過程に、「介護」という過程が長期に亘って、その人生のそこそこの時間を加えざるをえなくなったのは、近年のことなのだろうと思う。昔でも、介護はあったのだが、制度的支援もなく、いわゆる要介護の方などは、場末の病院に入院していたりしたものだ。

ほんのしばらく前までは、書店に行っても、介護関係の書物が、これほどまでにはなかった。私自身、20年ぐらい前には、そういうことと無縁だろうと思っていた。

子どもの成長と違って、その先に待っているものは、「死」なので、それが終わったとしても、やり遂げたという充実感がない。

実際は、介護により、現実生活も制約されるし、第一、気が休まらない。

私の父の場合は、医師から、もうそろそろ危ないかも知れないと告げられたのが、1年前で、おそらくは、年単位のことではないと言われていたが、そのギリギリまで、長寿を全うできたのだから、本人も苦しかったかも知れないが、期日の限られた仕事をしているせいか、月末に近づくと気が気でなかった。

予定が、立てられないもどかしさもあった。

ただ、1年間を、なんというか、「喪」の期間を前倒しで過ごせたような気がするのは、せめてもの救いである。

ちょうど、河合隼雄先生が、2006年に倒れられ、約一年間を関係のあった人たちとに、こころの整理をする時間を与えられたように。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青木省三「思春期 こころの... | トップ | お坊さんへのお布施 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。