放送大学で学ぼう

1994年に放送大学、科目履修生として、京都学習センターに登録、入学金は3,000円、1科目7,500円でした。

「老人一年生」

2017年07月27日 | 読書日記

副島隆彦『老人一年生 老いるとはどういうことか』(幻冬舎、2017年)は、還暦を越えてくると、その体験談共感がもてる。

仕事柄、デスクワークが主なので、肩が凝る、腰が痛い、目が疲れる。残業が肉体的に難しくなる。体に、高血圧だとかいった生活習慣病を持っている。

まるで、夏目漱石の「道草」のように、親戚が、私の人生を侵食し始める。

親戚は、厄介者であるのは、漱石と同じである。


世の中の常識を知らない人も多い。


連帯保証人などは、多少、新聞や雑誌を読んでいれば、そうそう人に頼めるものではないし、頼まれたくもないものである。


租税等の徴収制度にも、連帯納付義務などを定めておいて、親族の負債の支払を求めてきたりする制度がある。


もうすぐ初盆であるが、人間関係に齟齬を兆しても、保証人には、絶対ならなかった父の方針は、私も受け継いでいる。


「老人になる」と、体に「痛い」ところも出てくるし、そのことで、「老化」を意識させられる。


本書は、エッセイのようなものなので、科学的な根拠はないが、なるほどと頷かせるところがある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「相続」と「意地」 | トップ | 成年後見人の申立における「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。