とことんサダハル

祭り上げられてなんぼの稀代の無能指揮官王貞治を面白おかしく暴く超暇潰しブログ
一言ネタや貞治川柳もお楽しみに

馬原奮闘中

2016-09-15 20:16:42 | ホークス
ヤフーニュースに出てたが昨年引退した元オリックスの馬原が、野球解説者や講演会の依頼も多々ある中全てを断り、4月から柔道整復師と鍼灸師の国家資格取得を目指して猛勉強中だとの記事があった。
資格取得まで3年掛かるそうで、夜に学校に通って昼間に復習して試験前はずっと勉強していると。
なんでも200ページ超の教科書は10何冊もある中、満点近くをたたき出し1位だったテストもあるという。
やるねぇ馬原。

さてその記事の中で、『07年にはチーム事情で4イニングを投げたことがあった。先発の4イニングではない。
状況によっては連投しなければいけないクローザーにとって、4イニングは体にかかる負担は尋常ではなく、常識では考えられない。その日を境に体の異変が取れなくなった。
「それからは、1球も自分の思うように投げられなくなった」。蓄積された違和感は08年の右肩炎症、さらに12年の右肩手術へとつながっていった』とあった。

07年といえば俺がホークスとかいうド変態球団のファンを辞めた年で、そこは観てたんだろうがだいぶ前という事もあり記憶に無いんだがこの記事にもあるように、抑え投手に4イニングなんてまともじゃないわな。狂っとるよ。
試合終盤の切羽詰った時に、先発と違って1球1球全力で投げなきゃいけないポジションの投手に何やらかしとんのかいと!
馬原はこの酷使についてとやかく言ってなかったが、これさえ無かったらという想いはその当時当然あったに違いない。
後先考えれずその時さえ良ければそれでいいという毎度の貞治らしいやり方であり、まぁこれで何人もの選手泣かされたよ。
しかもその後、チームの功労者である馬原をあんな惨い形で切る事となり、これも毎度の貞治らしい心無い汚い切り方やったよな。
この他にもこのような事例数限りなくあるこんな薄情極まりない貞治のアホを、気配りの人だなんだかんだと無闇に祭り上げとる野球オンチの王かぶれのどアホの気が知れんわ。
もし他の人物がそうやらかしまくってたら、馬鹿だアホだ死ねとグダグダ文句ぬかしとるくせしてな。笑
あったま悪りぃ幼稚で薄っぺらい単純のアホがな!

馬原は野球界に残ろうという選択肢はなく、とにかく自分に時間を使いたかったらしい。
馬原が昨年引退した事すら知らんかったが、資格を取った後どんな道へ進むのかは判らんが馬原は頑張っている。
勉学に慌しい身だが、何ヶ月に1回ぐらいは大好きな磯釣りを城島等と楽しんでんじゃないだろうか。

ちなみに馬原は男前で鳴らしたが、入団1、2年目の頃テレ九でのスポーツ番組の特集で御家族が出演されたんだけど、お姉さんもとびきりの美人さんだったよ。懐かしいねぇ。

『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セレッソ大阪 VS V・ファ... | トップ | 北海道コンサドーレ札幌 VS... »
最近の画像もっと見る

ホークス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事