とことんサダハル

祭り上げられてなんぼの稀代の無能指揮官王貞治を面白おかしく暴く超暇潰しブログ
一言ネタや貞治川柳もお楽しみに

長崎総科大附属高VS桐光学園

2016-12-31 18:28:52 | V・ファーレン長崎
いやー興奮した。
スポーツは結構なジャンル好きなもんでアレコレ見てしまうんだが、今年見たスポーツの中で一番力入ったしこのハラハラドキドキ感はたまらんもんがある。

2-0で総科大附属が勝利!

今季の総科大附属は夏の九州大会とプリンスリーグ九州を無敗でぶっちぎりで優勝し、県大会決勝見たけど前線にタレント揃ってて守備も堅くと、あの国見の全盛時のような圧倒的な力を示したチーム。

この試合は試合全体で見て長崎がペース握ってたし、攻守にチーム全体での圧力あって素晴らしかった。
攻撃ではサイドを中心に見事な崩しもあったし中央からも行けて多くのチャンスを作り、守備では小嶺さんのサッカーの基本中の基本であるプレス決まってゴール前でも粘り強く跳ね返し、最後に少しヒヤリとしたシーンがあったが略完璧と言っていいぐらいの内容だったと思う。
運動量はもう流石という感じで球際もしっかり行くしフィジカルも強い。
前線のタレント陣は個の力で相手を上回ってたし、総合力でも上回ってたと思う。
ただ2点目取った後に決定的なとこ2つはあったんで、ああいうとこしっかり決めないとトーナメントは厳しくなる。

強豪を見事な内容で破ったとはいえ全国は決して甘くないわけだが、それは選手達が百も承知だからね。
しかし選手権に向けしっかり仕上げて来るとこは流石は百戦錬磨の小嶺先生というとこだ。



ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駒澤大 吉岡 Vファーレン加入 | トップ | 長崎総科大附属高 選手権2回戦 »
最近の画像もっと見る

V・ファーレン長崎」カテゴリの最新記事