とことんサダハル

祭り上げられてなんぼの稀代の無能指揮官王貞治を面白おかしく暴く超暇潰しブログ
一言ネタや貞治川柳もお楽しみに

V・ファーレン長崎VSツエーゲン金沢

2017-03-21 19:46:27 | V・ファーレン長崎
前半開始から長崎がいい流れを作りコーナーキックを得る。
すると前田の正確なキックにこの日トップを務めた木村が巧く頭で合わせ、開始早々ゴールを奪い長崎が先制。
前田のキックも素晴らしかったが、それをタイミングよくドンピシャで突き刺した木村の見事なゴールだった。
先制以降も長崎がペースを握るもどこかバタバタとしたとこを見せるが、それも徐々に落ち着いて行きリズムある繋ぎを展開する時間帯も。
しかしそんな中最終ラインでもたもたしてるとこからミスが出て追い付かれてしまう。
この失点によりそれまでのいいリズムを失ってしまうが、終了間際に左WBのルーキー翁長がやってくれた。
相手のクリアをペナ付近で受けると、状況良い判断から持ち込みそこから弾丸ミドルをゴールにブチ込んで長崎がリードを奪う。
時間帯もよく、嫌な空気を一変させた思い切りのいいスーパーゴールだった!
翁長はいい意味でひょうひょうとしてるというのか物怖じしない雰囲気を持った選手だ。
後半は長いボールを軸にサイド攻撃などで長崎がペースを握るが決め手を欠く。
中盤以降相手に主導権を握られる時間帯もありヒヤリとするシーンもありはしたが、最後まで粘り強い守備を見せそのまま逃げ切り2-1で長崎が勝利。
今季はまだ無得点の試合が無く点が取れてるのは良い事だ。
それからもっと丁寧に繋いでいいとこは落ち着きを持って繋ぐべきだと思うが、この辺は今後に期待だ。

この2試合ベンチにも入ってなかったファンマが途中から出場し一安心。
ポスト直撃の惜しいループシュートがあったが、やはり存在感が違うんで次節以降やってもらいたい。
そしてパジャルドも途中出場となり、どんなプレーを見せてくれるのか今後が楽しみだ。
でもボランチは人材豊富なんでそこの人選は本当に難しい。
前線でも起用出来る器用な選手であればよりバリエーション広がるけどね。
けどシャドーも人材居るしこの日は澤田と幸野がスタメンだったが、木村も点取ったし他にも選手居てとこのポジションのスタメン争いも強烈だな。

ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳島ヴォルティス VS V・... | トップ | 王貞治の口から絶対に出て来... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む