感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

手紙 東京千秋楽

2016年01月31日 | ミュージカル
手紙 東京千秋楽
2016年1月31日 13時~ 新国立劇場小ホール

原作:東野圭吾 『手紙』(文春文庫刊)
製作:ミュージカル『手紙』製作委員会
企画協力:文藝春秋
脚本・作詞 高橋知伽江
演出    藤田俊太郎
作曲・音楽監督・作詞 深沢桂子


出演
武島直貴(弟)三浦涼介
武島剛志(兄)吉原光夫

廣瀬大介 和田雅成 川口竜也 上野哲也
岡本悠紀 五十嵐可絵 和田清香 北川理恵 礒部花凜

バンド
Guitar 横田明紀男 (Fried Pride)
Viollin 長尾珠代
Piano 村井一帆


東京千秋楽も観てきました。日に日に評判が上がっているような声を耳にしました。
今日は、正面から入り、いろいろなセットを見ながら客席へ行きました。

みなさんそれぞれのコンテナの中での演技。このコンテナの小道具などが身近で見てから入るという演出新しいですね!
客席に入るのも舞台を通過できちゃうという貴重な体験。
普段は舞台には上がれない客の私たちを一度ここを通過して客席に行けるので、期待がたかまります。

この劇場ならではなのかな?ほかの劇場はどうなるのでしょう。

吉原さんはバルジャン経験者だけあり、演技も迫力も凄いんです。
大きな体で体を震わせて弟の歌聞くシーンとか、見ているだけで涙出てきそうでした。

オダサクやRENT、アダムスファミリーファミリーで見ていた岡本くんもオダサク出演より演技の幅が広がって上手くなったな~。
なんて思いながらみてました。
クリスを演じていた上野さんや、ジャベールの川口さんも相変わらず歌上手い!

女性陣もみんなすごいんですよね~。
北川さんの声は本当にパーンて客席に届いて聞いてて心地よくてずっと歌を聞いていたくなります。

2度目でしたけど、初回よりとても短く感じました。

今日は中央付近のセンターから。少し段差があると見やすいですね。

今回主役のお二人以外はアンサンブルをやりながら、重要な役もこなすという忙しさ。
川口さんは大家さんだったり、電気屋さんの社長だったり、直貴のとなりの囚人だったり、みなさん少ない人数でいろいろこなしていて凄いなと。


今日も迫力ある演技で、客席もすすり泣く声が。

千秋楽だったので、演出家の藤田さん、音楽監督の深沢さんも舞台に登場してくれました。

これから神戸などでも、きっと素敵な舞台になるでしょう。簡単な感想ですが。

まだ、メリークリスマスがかなり季節外れですけど、頭をぐるぐる回っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅棒SIDE A→「OMG」

2016年01月30日 | ミュージカル
梅棒SIDE A→「OMG」
2016年1月30日 18時~ 吉祥寺シアター

[作・演出]伊藤今人
[出演]飯野高拓 / 鶴野輝一 / 遠山晶司 / 櫻井竜彦 / 楢木和也 / 天野一輝
IYO-P / ザンヨウコ / 池田遼 / 小板奈央美 / Sun!! / ひこひこ
  五十嵐結也 / たかりん / 田中英恵 / 工藤広夢 / 早瀬さくら


18日に続き、リピートしてきました。
今回も楢木くんと工藤くんメインで(笑)

最初のひこひこさんのパントマイムなどは、最後のピンポン玉のところは同じだけど、前はちょっと違っていました。
毎回違っていたのかな~?気になりました。

今日も音楽の歌詞だけでのストーリー。この曲をセレクトするのって本当に大変そうですよね。
どれくらいの曲を聞いてこれだけマッチする選曲をしているのかな?
そんなことも気になりながら楽しみました。

このひこひこさん、ちゃんと本編では梅棒さんやダンサーさんに混じって踊っているのが凄いですね。

最初の頃より、今日の方がまとまりがあったような感じがします。

工藤くんの歌終わりなき夜、またまたパワフルな歌声になったようで、声ののびが良くなった感じです。
後で、修道女たちと歌う時もマイクかなり離して(なしで)歌うのですけど、ここでも違いが。

ムジカラでは、歌よりダンスで目立っていますが、こちらでは歌のインパクトが強いです。
ソロで歌うのは、二人しかいないし。

ダンスも相変わらずキレが良いですよね。

そして楢木くん、安定のダンスで表情も豊か。捕まっているときの表情がなんとも言えず好きです。
こちらも体当たりで、2公演はマチソワ大変ですよね。

ダンスもみんな凄くて、見ていてスカッとしますし、元気をもらえます!

楽しい舞台ありがとう!明日千秋楽は行けないけど、応援しています。

次回梅棒さんからみは、TAROかな。今人さんと楢木くんの振付楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Eggs 'n Things

2016年01月28日 | グルメ
Eggs 'n Things

今更ですけど、友達と銀座店に行ってきました。
ペロっと食べられるかなと思ったら、お腹空いていたので、ポテトとパンケーキを頼んだら、
パンケーキ苦しすぎた~。









生クリームは甘くはないので食べられるのですけど、かかっていたソースが結構甘くて1枚残してしまった。

今度はもうちょっと少なめなのを友達とシェア食べよう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Orchestra de ”R” お披露目コンサート

2016年01月27日 | ライブ
Orchestra de ”R”お披露目コンサート
2016年1月27日 19時~ 下北沢タウンホール

フルート 満島貴子
クラリネット 粟生田直樹
アルトサックス 萱生昌樹
テナーサックス&クラリネット 白石幸司
バリトンサックス 鵜木孝之
ホルン 上野良太、萩原顕彰
トランペット 奥村晶、岡田恭一、萩原千穂
トロンボーン 牧田大助、古橋孝之、石井弦
チューバ 野本和也

ギター 朝田英之
ベース 柳原旭
ピアノ 上保貴子
ドラム 赤迫翔太
パーカッション 一丸聡子
キーボード 田中葵

尺八 山野明彦
津軽三味線 土生みさお
二十五絃箏 内藤美和

バイオリン 石橋尚子
チェロ 島津由美

コーラス 内田靖子 / 板倉由希子 / 織田佳奈子 / 大内慶子 / KEN(S☆Rush)

作曲・編曲・監修・指揮 岩崎廉


今日はお披露目コンサートに行ってきました。コーラスの佳奈子さんに声をかけていただき行ってきました。
真理恵ちゃんのバンドやこの前の寺元くんの時のドラムの赤迫さんや指揮者の廉さんとか知った方もちらほら。

今回は、オリジナル曲数曲と、曲調を変えるだけでなく、ほかの曲と組み合わせたり、楽しく聞かせてくれました。

さらに、管楽器 弦楽器だけでなく和楽器との融合もしていました。

私的にお気に入りだったのは、さくらdeきしー
桜の歌をデキシー調にしていて、お琴や和楽器とよくあっていました。
お琴は普通の13弦ではなく25弦だそうで、1曲ごとに琴柱を変えてチューニングを変えるらしく、
その時間に廉さんが曲の紹介をしてくれました。

ハナdeちゅーば
も楽しかった。日頃はBASSに徹しているチューバにスポットライトをあてて、「花」をチューバメインでアレンジ。
コーラスも入るし、メロディーがいろいろな楽器で奏でられてつながる感じが素敵でした。

最後のチューバのメロディーは最初より低い音で心にズトーンってくる感じがよかった。
また聞きたい1曲です。

ボーイバンドでご活躍だったKENさんもコーラスで参加していてラップ調で歌ったり、男性一人のコーラス隊でご活躍でした。

佳奈子さんも透明感のある素敵な声聞かせてくれました。

コーラスの方は、なん曲deしょうか?
という曲の時に、童謡などが次から次へと出てきてそれをコーラス5人で別曲を同時にそれぞれ歌っていたりと、
この曲が一番出番が多かったです。
何曲か当てるのは難しかったです。

次回なん曲deしょうか2とかで、別曲でも聞いてみたいな。

あっという間に感じた楽しいコンサートでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手紙

2016年01月26日 | ミュージカル
手紙
2016年1月26日 18時半~ 新国立劇場小ホール

原作:東野圭吾 『手紙』(文春文庫刊)
製作:ミュージカル『手紙』製作委員会
企画協力:文藝春秋
脚本・作詞 高橋知伽江
演出    藤田俊太郎
作曲・音楽監督・作詞 深沢桂子


出演
武島直貴(弟)三浦涼介
武島剛志(兄)吉原光夫

廣瀬大介 和田雅成 川口竜也 上野哲也
岡本悠紀 五十嵐可絵 和田清香 北川理恵 礒部花凜

バンド
Guitar 横田明紀男 (Fried Pride)
Viollin 長尾珠代
Piano 村井一帆


会社からダッシュしてギリギリ間に合いました。

入ってビックリ、カーゴのようなコンテナがいくつも点在していて、しかも舞台を通って客席に行くような感じ。
最初から驚きでした。

原作は読んでなくて、あらすじだけ読んで行ったのですが、あらすじだけだと、レミゼかな?と思いましたが、
この作品は、罪を犯した犯人だけでなく、その周りの人にも焦点を当ててというより、
罪を犯した人の家族がメインのような内容。
1部終わりと2部途中から自然と涙が溢れてきました。

みなさん歌上手い方が多いのですが特に女性陣は素晴らしくて、みんな聞いていて気持ちがいい!
もちろん、吉原さん川口さん、上野さんは安定です。
弟の妻となる北川さん、歌声が心地良い。

パワフルなバンドのボーカル磯部さんも凄かったです。

三浦くん、なにげに昔から見ていますけど、前より歌がうまくなったように思います。
若い子は成長が早い~。

「世間は犯罪者の家族も許さない」という重いテーマで、弟がメインのような形。
救いだったのは、弟の理解者が近くにいてくれたこと。

高校の友達とか。

弟も自分自身が被害者となって、その母親の対応の対応で自身を外から見えたようなところとか。
原作を読んでみたくなるようなミュージカルでした。

曲も耳馴染みがよくて、歌おうメリークリスマスがよかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦

2016年01月25日 | 美術館関係
レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦
2015年1月22日 江戸東京博物館

レオナルド・ダ・ヴィンチは、子供の頃「モナリザ」が来日して行ってきたとか、水車で水を汲み上げる仕組みとか、
飛行機とかでなにげに馴染みがありました。

人体の図や、最後の晩餐の絵も有名。

今回は、飛行機への挑戦とかで、
メインは「糸巻きの聖母」
これに透過赤外線を当てて、前は歩行具が書かれていたということなど、解明された説明があったり。
手に持っている糸巻きも展示されていました。

糸巻きの意味とか、いろいろ絵から見えない部分も勉強になりました。

糸巻きの聖母には、行列を見越した配置になっていたので、きっと週末は混雑するのかな。
平日はやっぱ空いてていいですね。

うっかりしていたんですが、今日は国技館で相撲があったので両国駅がとても混んでました。

4月10日までやっていますので、よかったら是非!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花より男子 千秋楽

2016年01月24日 | ミュージカル
花より男子 千秋楽
2016年1月24日 13時~ シアタークリエ

原作:『花より男子』神尾葉子(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:青木豪  
演出:鈴木裕美  
音楽:本間昭光

出演:
松下優也(X4)、白洲迅、真剣佑、上山竜治、加藤梨里香、
木村了、古畑奈和(SKE48)、玉置成実、生田智子、吉野圭吾
 
寺元健一郎 坂口涼太郎 岩橋大 木村晶子 石井亜早実 大泰司桃子 石丸椎菜



初にして千秋楽でした。でも解りやすくて入り込めました。
主役の加藤さんって初めて見るけど、歌も上手くてとてもよかったです。

おすふんでお馴染みのじんじんこと白洲迅くんも、花沢類をクールに演じていました。
お話は、F4でも道明寺と花沢に焦点を当てて、それに生田さんと圭吾さんがつくしの両親。
圭吾さんお笑い担当な感じで、歌で台詞表現していたり、楽しいお父さんって感じでした。

真剣くんは初めましてですが、自然体で演じでいるような感じ。上山くんはアンジョで見ていましたが、この中ではお兄さんで、カーテンコールで話もちょっと出ていたけど、どっかのプロデューサーのような感じでした。

コヒプリに出演していた玉置さんもちゃんと高校生に見えました(笑)

全体的に元気でパワフル。そんな感じの中、了くんはちょっと悪い役ですが、それが結構はまっていて好きでした。

ただSKEの方は、まだまだ頑張ってという感じでしょうか。
セリフも歌もこれからかなと。

寺元くんや坂口くんなどアンサンブルのみなさん大活躍。
歌に踊りに、いろいろご活躍でした。
寺元くんの悪役、ちょっと弱々しいけど、頑張っている感じでした。

そうそう、この脚本の青木さんって以前から気になっていて、「獏のゆりかご」 「エスペラント~教師たちの修学旅行の夜~」から気になっていて、「ガラスの仮面」などでも脚本担当されていて好きでした。
今日も、漫画を良くまとめて書いたよな~なんて思いながら見ていました。

千秋楽の挨拶は全メンバーからあり、みなさん愛について語っていました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見上げたボーイズプロデュース第14弾!! THE STOMACH

2016年01月23日 | ミュージカル
見上げたボーイズプロデュース第14弾!! THE STOMACH
2016年1月22日 19時~ 博品館劇場

作・演出: 川本昭彦
作曲・音楽監督: SING_O_WORLD
出演
川本昭彦 / 幸村吉也 / 縄田晋 / 福永吉洋 / 平野亙

2014年に見て以来かな?どこからがアドリブとか日替わりでどこからが本編なのかわからないところもあるくらい、
笑い溢れる舞台でした。

内容も笑えて、タイトルの通り胃の内部。

末期の胃がんの奥さんを助けるため小さくなって胃内部に侵入してガンを退治するというような話。
(かなり単純なストーリー)

映像と、舞台が一体化していて新しい感じの舞台でした。
映像と同じように寝ながら動くってかなり大変ですよね。
映像が出ていて歌うときは、寝ながらって大変そう。

寝ながら少し顔上げて歌ったり、同じタイミングで動いたり。

胃の中に入ってくる食べ物とかを表現したり、それが何故か
「だるまさんが転んだ」をしたり。

縄田さんは、五大ちゃんのお祭りに毎回参加されていたりしていますが、その時にも増してはじけてました。
背も高いし、最後の映像のキャサリン、めちゃ綺麗でしたよ。

幸村さんもロイヤルホストクラブに出ていたりとみなさんどこかで見ていることがあるメンバー。

楽曲担当のSINGOさん、素敵な曲をたくさん提供されていたそうで、
没になった曲がたくさんあったとなどトークショーで話をしていました。

SINGOさんらしい素敵なハーモニーも入ったパワフルな曲が多かったです。

STOMACHの歌も楽しかったです。お勧めです!

今日はラカージュに出演されていた方が見にいらしていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初春新派公演 河竹黙阿弥生誕二百年記念 「糸桜」「新年踊り初め」

2016年01月22日 | ストレートプレイ
初春新派公演 河竹黙阿弥生誕二百年記念
2016年1月22日(金) 11時~  三越劇場

一.「糸桜」-黙阿弥家の人々-
【原作】河竹登志夫「作者の家」より
【脚本・演出】齋藤雅文
二.新年踊り初め 劇中にて新春ご挨拶申し上げます
【構成・振付】尾上墨雪
【日程】2016年1月2日(土)~25日(月)
【出演】波乃久里子・大和悠河・市川月乃助 水谷八重子(挨拶)
    青柳喜伊子 立松昭二 佐堂克実 瀬戸摩純
    鈴木章生 児玉真二 久藤和子 川上彌生 鴫原桂 石原舞子
    水谷八重子(挨拶)



月乃助さんが新派に入り、大和悠河さんゲストということで友だちに声をかけてもらい行ってきました。
月乃助さんは貴城さんと結婚されて、ちょっとぽっちゃりされていたかも。

割と普通の身長の中に、月乃助さんと大和さんは大きくて目立ちました。
月乃助さんが入るととても華やかになりますね。

波乃さんの演技は迫真にせまっていて、月乃助さんや大和さんのバトルのシーンとかかなり引き込まれました。

大和さんの妊婦姿もなかなか珍しいかも。

今日は11時公演なので、大和さんは2部の踊りは娘役でしたけど、
これは夜公演は男役で踊るそうなので、両方見たくなりますよね。







    
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅棒「風桶」←SIDE B

2016年01月20日 | ミュージカル
 梅棒「風桶」←SIDE B
2016年1月19日 19時半~ 吉祥寺シアター

[作・演出]伊藤今人
[出演]伊藤今人/梅澤裕介 / 遠藤誠 / 塩野拓矢 / 楢木和也 / 野田裕貴
七味まゆ味 / 中林舞 / 土倉有貴 / YOU / 正安寺悠造 / 菊池祐太
原田康正 / Na☆ / 照沼大樹 / 稲葉麻由子 / KENZO MASUDA



昨日に引き続き吉祥寺シアターへ。
交互に別な作品を演じている梅棒公演。やっぱ両方見ないとね。
ということで、引き続き参加してきました。

昨日に引き続き、踊る踊る。両方に出ている楢木くんは、体力ありますよね。
こちらでも、踊る踊る。

最初、バックトゥーザフューチャーのような感じで、タイムマシンの説明があって、未来からこれから人気になるバンドのライブにやってくる科学者。ライブ会場から戻る時に、バンドメンバーも一緒にタイムスリップ。

着いた先はもっと過去に。そこで街の荒くれ者とか、百姓夫婦などと一緒にきたバンドたちとともに、いろいろなことが起こるんです。

こちらには、レミゼや蜘蛛女のキスで見ている土倉さんがご出演。
こんなに動いて踊るとっくんにビックリ!梅棒に混じって踊ったり、荒くれ者リーダーとして大活躍。
さらに、可知ワールド? 「千の風に乗って」のソロもありました。
とっくんもアカペラでした。

ほかきになったのは、バレエの衣裳のような町人たち。バレエの姿が素敵。
女性もいらして二人でのペアは美しかった!

そうそう、OMGとリンクしているような小道具があったりして、そんなところも見ながら楽しめました。
出来れば両方見るのがおすすめの梅棒でした。



開演前に友達と食べたニョッキとソーセージ。マルゲリータも食べたのに、お腹すいててすぐ食べちゃいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加