感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

Count Down My Life

2014年06月30日 | ミュージカル
TipTapオリジナルミュージカル「Count Down My Life」
2014年6月30日 12時~ ポケットスクエア 劇場HOPE

作・演 上田一豪
音楽 小澤時史

キャスト
NYキャスト(追加公演)
tekkan、染谷洸太、飯野めぐみ、井上陽子、土方絵美子


今日はお休みをこの日にずらして、こちらに参戦してきました。
昨年NYに行ったのがだいぶ前のように思っていましたが、もうすぐ1年なんですね。

行って良かったと思えた公演でした。またNYでやったらまったいっちゃいそうな私。

今日はその公演が中野で見られるということで、参戦。

見やすいお席でラッキーでした。
あ、そうだったそうだった・・・なんて感じながら見ていました。

皆さんの歌がパワーアップしていたり感情表現がもレベルアップしていたように思います。

コーヒーカップを洸太くんが使うシーンで「キタナ!」って言ったアドリブ(たぶん)が私的にツボでした。

洸太くんとtekkanさんの親子の関係や、いいめぐさんとの関係。
その説明をコーラスでする井上さんと土方さん。
懐かしさと感動であっという間の100分でした。

NYでは「こんなお涙頂戴ものが受けるんだ」ってセリフ、やっぱり日本では笑いがおこらないのが不思議な感じ。
なんとなく、思い出して笑いそうになりました。

再演もありそうな気配を残しつつ、1回公演は終わりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

燃えよドラゴンへの道 千秋楽

2014年06月30日 | ミュージカル
Musicals in Mufti Vol.2 ~リーディング・ミュージカル~
燃えよドラゴンへの道
2014年6月29日 18時~ ザ キッチンNAKANO


脚本・演出:吉川徹
作編曲・音楽監督:福井小百合


出演:本間憲一 入絵加奈子 阿部裕 森実友紀 田村雄一 小此木まり 池田紳一
   安室夏 山田裕美子 小波津亜廉 

ピアノ:福井小百合
パーカッション:相川瞳



4時過ぎの雨すごかったですね!ちょうどこの前に見ていたキャッチミー(感想は後日)後で外に出られずビックリでした。

地下に戻ってシャンテで軽く食べて、そこからこちらに移動。
その頃は傘も不要な感じでした。

前回はスーパーマン 感想はこちら

今回は、幼い頃に孤児院で育ったメイ(入絵さん)とリー(本間さん)兄妹。リーは大林寺に入門し武道の鍛錬をしていた。
財政難の大林寺を立て直すため、リーをカンフー大会に出場して優勝するようにとのことで香港に。
優勝賞金で映画を作って、寺を宣伝するという目的で。
この時、映画プロデューサーがやってきて実はこの大会の主催者は暗黒街のドンチンファンだという。大林寺出身だと知られると優勝を邪魔されるから注意するようにと言われつつ、香港へ。
その頃メイはスター歌手となって香港で歌ってた。彼ら久しぶりに再会する。

そこでリーはメイの同僚ミッシェルに一目惚れ。じつはミッシェルには船の沈没で生き別れてしまった彼がいた。

彼は今は?? 

カンフー大会の優勝は?

というストーリーなのですが、今回も席が近すぎて迫力満点。

途中で客席にポップコーンが配られて食べながら見たり、またいろいろなシーンがパロディで出来ているんです。
例えば、ドンチンファンという名前を言うたびに、「チャンリンシャン」のような振り付けがあったり、船の沈没の再現のシーンではタイタニックだったり。
また、一人で何役もやっているので、その二役を急いで切り替えるというシーンがあって笑いました。

さらに芸達者な皆さんの表情で、今回も楽しいリーディングミュージカルでした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーシャンズ11 3回目

2014年06月28日 | ミュージカル
オーシャンズ11 3回目
2014年6月26日 18時半~ シアターオーブ



【脚本・演出】 小池修一郎

【出演】 香取慎吾 山本耕史 観月ありさ 橋本さとし
真田佑馬 霧矢大夢 坂元健児  斉藤暁
水田航生 角川裕明 芋洗坂係長 
ラッキィ池田 安井謙太郎 萩谷慧悟

井之上隆志 川口竜也 照井裕隆 辰巳智秋 
栗山絵美 谷口ゆうな 真瀬はるか フランク莉奈

青山航士 飯田一徳 加賀谷一肇 加賀谷真聡 千田真司
香取新一 sho-ta.遠山裕介 楢木和也 上條駿
本多剛幸 家塚敦子 井上真由子 碓井菜央
佐伯理沙 島田友愛 横関咲栄 吉元美里衣 米田早記 他


今日は私の千秋楽でした。アドリブもいろいろあり、川口さんが警察官のところでは、山本くんに「滑ったな!」ってさり際言われていました。落ち込んでたかな?

みんなで●●して遊んでいたというところは、前回「おちゃらか」でしたが、今回は「あいうえお作文」で、「べネディクトのベ」から始まって、観月さんにもあなたもやる?って参加させて、ちょっと考えていましたけど、そのあたりでお開きとなりました。

山本くんがいい意味、いろいろなアドリブを止めるきっかけを作っているようですね。

今日の演技指導は、芋ちゃんでした。出来すぎたオチに慎吾ちゃんが「出来すぎてて気にいらない・・・」って言ってましたっけ。

脱出の時に、このセリフが使われるのも面白いですね。

この舞台衣装もステージも豪華で素敵なのですが、ちょっとだけ毒を吐くと・・・・
主役のお二人、頑張って!って。。。。
キザでクールなダニーという感じで、そういうセリフを言ってくれるのですが、ちょっと板についていないというか、かっこつけないというか、ぶっきらぼうな言い方で、雰囲気があまり出てなくって。
SMAPでほかのテレビなどにも出演しながら膨大なセリフを覚え歌も覚えるって大変かと思うから、忙しすぎるのかもしれませんけどね。
観月さんの手の使い方もちょっとテレビっぽかな。スタイルいいし歌も結構頑張ってますけど。

周りがうまいから、二人の歌唱力が気になってしまいます。

そうそう、開演前の英語のアナウンス莉奈ちゃんですよね。声がそうかなと。

ちょっと毒も吐いちゃったけど、SMAPとか忙しい方がその合間に舞台で主役というのは大変すぎるんでしょうね。

カーテンコールでちょっとこけたあと、サッカーが負けてしまった残念さをこちらに背を向けて熱く語っていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

P&Gジャパン レノア オードリュクス(センシュアル)

2014年06月27日 | モラタメ
P&Gジャパン レノア オードリュクス(センシュアル)

モニターとしていただき、いつもの選択に使ってみました。
洗濯機に入れる時は、品のいい香りだけど、ちょっと強いかな?
なんて思いましたが、選択後や乾燥後は、本当に香っているかな?ぐらいな感じで匂いが強いと嫌がる旦那や子供の洋服にも使えて好評でした。

容器も高級感があって素敵でしたね。



レノアのキャンペーンに参加中


Amazon


楽天
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーシャンズ11 2回目

2014年06月24日 | ミュージカル
オーシャンズ11 2回目(折り返し頃)
2014年6月22日 13時半~ シアターオーブ



【脚本・演出】 小池修一郎

【出演】 香取慎吾 山本耕史 観月ありさ 橋本さとし
真田佑馬 霧矢大夢 坂元健児  斉藤暁
水田航生 角川裕明 芋洗坂係長 
ラッキィ池田 安井謙太郎 萩谷慧悟

井之上隆志 川口竜也 照井裕隆 辰巳智秋 
栗山絵美 谷口ゆうな 真瀬はるか フランク莉奈

青山航士 飯田一徳 加賀谷一肇 加賀谷真聡 千田真司
香取新一 sho-ta.遠山裕介 楢木和也 上條駿
本多剛幸 家塚敦子 井上真由子 碓井菜央
佐伯理沙 島田友愛 横関咲栄 吉元美里衣 米田早記 他


今日は2回目楽しんできました。
カンパニーの仲が良くなってきたようで、アドリブや笑わせるところが増えたりしていました。

さかけんさんが、演技指導をするところで角川さんに「空芯菜・青梗菜」と言いながら説明していたら、実際のシーンでも同じようにやっていたり。

川口さんも山本くんにアドリブ突っ込んでいたり、そんな様子に笑っちゃったりと仲の良さをとても感じた舞台でした。

初日失敗したと思われる、サカケンさんの技。今日は綺麗に決まっていました。

初日寝ていないと思ったのに、霧矢さんのはじけっぷりが半端なくて笑いまくりでした。
初日からそうだったのかな?

莉奈ちゃんの甘え方も、前より可愛く甘えているように感じたり。

そうそう、吾郎ちゃんの舞台は観劇マナーが出来ていたけど、今日の私の周りは悪かったんです。
観劇中も感想を言い合って喋ったりしている人が何人もいたんです。
同じSMAPファンだと思うけど・・・、場所が悪かったのか、吾郎ちゃんのほうが舞台多く出ているのでファンの方のマナーがしっかrしていたのか??謎。

次に行く時は、こういうことがないといいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恋と音楽2

2014年06月22日 | ミュージカル
恋と音楽2
2014年6月21日 19時~ パルコ劇場

作・演出:鈴木聡
音楽 :佐山雅弘
出演 :稲垣吾郎 真飛聖 相島一之 小林隆 北村岳子
演奏 :佐山雅弘(Pf.) 高橋香織(Vn.) バカボン鈴木(B.)
    三好“3吉”功郎(Gt.) 仙波清彦(Perc.)


今日は久しぶりの観劇。夕方から渋谷へ。渋谷は凄い人でした。
パルコはキキララカフェもあったりしてキキララカフェも人気。

劇場はsmapファンの方が大半を占めていたような感じでした。
でも、吾郎ちゃんだけじゃなく、みんなに応援している拍手に暖かさを感じました。

内容は、1とは違う話。演出家河原さんは今回は参加されていませんでした。

お話は27歳の頃ミュージカル俳優を目指し学校に通っていた3人(稲垣・真飛・相島)
本科へ行けずそのまま散り散りになってしまった。
それから10年・・・・

とあるミュージカルの現場で3人は出会う。
相島さんは演助 真飛さんは大女優の北村さんのマネージャを。
吾郎ちゃんも大俳優小林さんのマネージャーを始めたばかり。

大俳優の10年ぶりの共演で3人も出会う。じつは大女優たちにも確執が・・・。

という話。
かなり笑いも多くて、演奏の皆さんも作品の中に参加しながら(開演前も演奏があります)楽しませてくれます。

特に佐山さんは大活躍。演技もできちゃうミュージシャンたち。

大女優大俳優二人に引っ張られるように3人も自由に演じていて楽しい舞台でした。

北村さんの大女優振りは笑えます。小林さんのコソっとした感じが私的にはツボ。

吾郎ちゃんの髪の毛ネタやダンス下手ネタも宛書き?って感じでそれも笑いに取り入れちゃう感じで
吾郎ちゃんも歌に芝居頑張ってました。

真飛さんの歌も素敵で、リピしたいほど楽しく笑える舞台でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリエント博物館

2014年06月17日 | 美術館関係
オリエント博物館
2014年6月8日 サンシャイン


書いたつもりでしたけど、忘れていました。
オリエント博物館へ久しぶりに行ってきました。

今回展示も少し変わっていて「新収蔵品展」として新しい展示品がたくさんありました。

結構装飾品も多くて、「これ今でも使えそうだね~」なんて話をしながら見ていました。
ちょっとした豆知識やクイズなんかもあって、楽しめる博物館になっていました。

思ったより人が多くてビックリ。

ミュージアムショップで結構面白いものがあったり新鮮でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝田座 THE コンサート vol.2 宝田明 芸能生活60周年記念コンサート

2014年06月16日 | ライブ
宝田座 THE コンサート vol.2 宝田明 芸能生活60周年記念コンサート
2014年6月15日 16時半~ 内幸町ホール

出演者:宝田明 
    久野綾希子 伊東えり 光枝明彦 
    本間ひとし 本間憲一 青山明 沢木順 鐘丘りお
    JOLLY JOKERS(6/15のみ出演)  
演奏:長谷川幹人(エレクトーン)


縁あって、こちらへ初参加!宝田明さん芸能生活60年&生誕80年の記念コンサートでした。
メンバーは元劇団四季の方が多くて、CATSの久野さんや 光枝さん。
青山明さんや沢木さんといった凄い古い四季の皆様。
そしてディズニーの音楽で有名な伊東えりさん、それに宝田さんの弟子の本間ひとしさんに弟の憲一さん
宝田さんもお年だし2時間ぐらいかな?って思っていたらなんと3時間半の長丁場でした。
宝田さんの芸能生活の歴史や、子供の頃からの生活(満州から引き上げてきたとのことです)での戦争の実体験などを交えながら話をしてくれました。

お話だけでなく、もちろん歌もたっぷり。

タップももちろんありました(本間兄弟で)



こちらは、宝田さんと本間兄弟

こういうコンサートにしては珍しく、写真撮影OKだったんです。
とったからにはのせてくださいねという、沢木さんのお言葉で私も載せてみました。


久野さんのメモリー(貴重です)


光枝さん

JOLLY JOKERSというおじさまたちのコーラスがあったり、小椋佳さんがいらしていて紹介されたり、
宝田さんの中国語講座もあったりの盛りだくさんの企画でした。

沢木さんは雑用係(?)として、最初から最後まで進行頑張っていらっしゃいました。
沢木さんのお父様の歌を宝田さんと歌ったりと貴重なライブでした。

それにしても、皆さん本当にお元気だわ~!

本間兄弟のルアニーでのースターの歌が聞けて幸せでした。

あ、カレーもいただきました。そうそう、エレクトーンの演奏もとっても素敵でしたよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シスターアクト 天使にラブソングを

2014年06月15日 | ミュージカル
シスターアクト 天使にラブソングを
2014年6月15日 12時~ 帝国劇場

出演:森公美子 鳳蘭 石井一孝 吉原光夫 村井國夫
   春風ひとみ 浦嶋りんこ ラフルアー宮澤エマ
   藤岡正明 KENTARO 上口耕平 園山晴子 河合篤子
   坂元 宏旬 さけもとあきら 俵和也 藤田光之
   井上陽子 岩亜希子 大月さゆ 木村帆香 酒井翔子
   首藤萌美  鈴木裕香 須藤香菜 樋口綾  牧野亜美
   湊陽奈  望月理世  吉田理恵
指揮:塩田明弘
音楽:アラン・メンケン
歌詞:グレン・スレイター
脚本:チェリ・シュタインケルナー&ビル・シュタインケルナー
演出:山田和也


今回1度しか取っていなかったので、今日が最初で最後かと思って真剣に観てきました。
シスターたち、やっぱり同じ衣装なので見分けにくかったな。

すどかなさんはおばあさん役みたいで、なんとなく腰も曲がってた方かなと。
男性はわかりやすいですね。

噂に聞いていましたが、塩田先生が出演したり、吉原さんの囚人番号が24654だったり
4649(ヨロシク)とか5963(ご苦労さん)とかロゴっぽかったけど、
もうひとつの番号の意味がわからなかったです。

宮澤エマさんは、宮澤元総理のお孫さんということですが、可愛くて歌も良かったです。

藤田みっちゃんの女装も楽しかったし、坂元くんの弁護士とか、俵くんも可愛かった。
さけもとさんのマスターもいい感じ、上半身裸でまだ踊れるって凄いですよね!
このミュージカルお話も良かったし曲も素敵でした!

森くみさんの歌がパワフルでよかったです。

太ったキャラを出していたけど、瀬名さんの場合はどうなるんでしょう??って他キャストが気になりました。
吉原さんの迫力凄かったですし、貫禄ありますよね~、歌も流石です。
上口くんのあやふや日本語も結構ツボでした。
藤岡さんの歌もやっぱり素敵な声で癒されました。

石井さんの汗かきエディは、本当の汗かきからも獲ればれたのかしら???

今日は開演前にゴスペルの披露もあったり、プラスαもあり良かったですね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MUSICALACTORS LIVE Vol.3

2014年06月15日 | ライブ
のちMUSICALACTORS LIVE Vol.3
2014年6月13日 19時~ 高田馬場・四谷天窓comfort

出演:SINGO tekkan  ヨウスケクロフォード KWANI(カニ)ダイナマイトしゃかりきサ〜カス


宝塚観劇後、友達とパスタを食べて、その後こちらへ行ってきました!ムジカラクターズ

今回もオレンジの川口竜也さんはお休み、ピンクの海宝くんもお休みでした。
変わりに、カニさんが登場。
バリトンボイスでハーモニーに厚みを与えてくれていました。

初めてでしたけど、サングラスをしていると強面な感じですが、サングラスを外すと優しいつぶらな瞳で楽しい方でした。

今回も、挑戦シリーズがあり、スチュエーションでのセリフというもの。
ある設定で一言(嵐の番組でありそうな)
今回は、女性役を二人客席から席番号で募集。

お友達が運良く(?)選ばれて、名演技を披露してくれました(笑)

今回もベートーベンディが聞けて嬉しかった!
これ、本間さんが歌っていたんですよね~。(なんて、明日行きます)

tekkanさんは100万のキャンドル、それに夢やぶれて(レミゼ)

今回のメドレーは(メドレーというか歌ってくれました)ロミジュリでした。
今日は竜ペディアも直人ペディアもないので、皆さんのうろ覚え記憶で・・・
ロミジュリはシェークスピアの4大悲劇作品には入っていなって話などもしてくれたり。
(客席の方が知ってたりもしましたけど)

今回も楽しいライブでした。来月もちょうど通院と重なったのでいけそうです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加