感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

gravity×茉奈 佳奈 Special Live 2 千秋楽

2013年12月31日 | ライブ
gravity×茉奈 佳奈 Special Live 2 千秋楽
2013年12月29日 13時~ SBGKシブゲキ

出演
gravity 
シルビア・グラブ 林希

茉奈佳奈
三倉茉奈 三倉佳奈

白洲 迅  川原一馬 海老澤健次 加藤諒 坂口涼太郎 冨森ジャスティン 金井成大 gravity Super Kids

ゲスト
新納慎也 入絵加奈子 Lotus Juice 

gravity Special Band
高木茂治(Bass) 会田敏樹(Guitar) 切通和孝(Drums)清水直人(Sax・fl・ Keyb・Perc) 原田達也(Keyb)


2013年最後の舞台はこちらでした。今日も楽しかった!
いつも最初にビアさんと希さんと歌っていた曲は、「It's Raining Men」でした。(ありがとうございます)
新納さんの日替わり曲、今日はAIのstory、グレーのジャージ素材のスーツにTシャツ姿でした。

替え歌アニソンの歌詞でγgpって出てたけど、職業柄γGTPって大文字で入れて欲しいなって思った私(笑)意味は通じると思うけどね!
こんな歌詞の文字気になるのって医療業界の人くらいですが

今回cube男性陣はダンスでサポートしてくれているのですが、坂口くんやっぱり一番なれている感じですね。
ジンジンは、若いのでお姉様方にリードされている感が楽しかった!これからの成長が楽しみ。
バンドさんも入っているので舞台がちょっと狭くいので、手足長いジンジンは大変かも。
一馬くんや海老ちゃんも頑張ってましたよ。二人を見るにつけ、昨夜のソワレ見たかったかもと感じました。

入絵さん、今日のトークも面白くって楽屋で年賀状書いているとか(笑)
新納さんも、大掃除邑弥くんが来てくれないからクローゼットが片付かないと言ってましたね。
(客席で邑弥くんも聞いていたからその後どうなったのかな?)

年末ネタオンパレードでした。
本日のみのゲストは、gravityの歌の途中でラップに入ってくれました。
紹介の仕方もあっさりで、トークがなかったのが残念。

今日途中で、テーブルを使ったシーンでお水をもっていった際に、映像で「無駄に裸になった彼」をいじっていました。
最後水を下げる際には、無駄な(?)裸で登場

ちゃんとツボ得てましたね。

きっとpart3がある?と、期待しつつ来年以降楽しみにしています。

ご一緒した皆様ありがとうございました!来年もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌田誠樹ファーストソロライブ ‐かまってみましょーかい‐

2013年12月30日 | ライブ
鎌田誠樹ファーストソロライブ
‐かまってみましょーかい‐
2013年12月28日 18時半~ 渋谷・サラヴァ東京

出演:鎌田誠樹 
ゲスト:上野哲也
スペシャルゲスト:福井晶一
飛び入り?ゲスト:川口竜也 他レミゼメンバー神田恭平 持木悠 磯貝レイナ 般若愛実 山岸麻美子 王子菜摘子  

ピアノ:久田菜美


2回目のみ参加してきました。
スペシャルゲスト凄かったですね。

今回鎌ちゃんDJに憧れていたとかで、一人でDJしながら歌ったり、トークしたりという企画。
ゲストの上野くんともDJブースでトークという感じ。

私的にツボだったのは、若い時の歌と、いまとを比較したコーナー。
成長が感じられる企画でした。

今回のソロライブ満席ということで、本当に熱気でサラヴァが暑かったです(笑)

ゲストの上野さん、次回出演のサイゴンでのクリスを歌ってくれました。
役が決まって、どんどんと上手くなっているように思いました。

圧巻だったのは、鎌ちゃん、福井さん、川口さん3人のバルジャンでSTARSを歌ってくれたこと。
帝劇ではなく、サラヴァ東京ってのはご愛嬌ですが、とてもステキでした。

福井さんはご自身のライブでも歌われたという、映画のみのレミゼバルジャンの歌を披露してくれました。
ソフトで優しいです。
 
鎌ちゃん、ラストは「また会う日まで」昨日の櫻井太郎ちゃんと同じというのが、ちょっと笑えました(同じ思考回路かしら?)

アンコールも終わり、バックにレミゼの曲が流れたら、あちらこちらに座っていたレミゼの出演者の方々が立ち上がり
「ワン・デイ・モア」をサプライズ的に歌ってくれました。
これだけのレミメンバーが集まってくれたというのは、鎌ちゃんがそらだけ愛されているということなんでしょうね。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

gravity×茉奈 佳奈 Special Live 2

2013年12月29日 | ライブ
gravity×茉奈 佳奈 Special Live 2
2013年12月28日 14時~ SBGKシブゲキ

出演
gravity 
シルビア・グラブ 林希

茉奈佳奈
三倉茉奈 三倉佳奈

白洲 迅  川原一馬 海老澤健次 加藤諒 坂口涼太郎 冨森ジャスティン 金井成大 gravity Super Kids

ゲスト
新納慎也 入絵加奈子 

gravity Special Band
高木茂治(Bass) 会田敏樹(Guitar) 切通和孝(Drums)清水直人(Sax・fl・ Keyb・Perc) 原田達也(Keyb)


年末の忙しい中、予定目白押しで、マチネはこちらを見てきました。
gravityは、実は2年前くらいにチケットを取りながら、用事が出来てしまい泣く泣く諦めたステージ。
今回は、ゲストも豪華だしと、今日明日見ることに!

内容は、gravityと茉奈佳奈ちゃんのコラボ。
ゲストも結構出てくれました。
新納さんは、gravityのお二人と一緒に歌ってくれて(すみません、曲名が・・・)これは振りもついて軽く動いてくれてました
日替わり曲。今日はマチネはピンクスパイーダー(ソワレはgodspellからだったそうです)
その後、入絵さんとの、セリーヌ・ディオンとジョシュ・グローバンの「ザ・プレイヤー」とっても素敵な歌でした。
心にしみるっていうか、新納さんも新境地って感じでした。
楽しい舞台の中で一つのスパイスになったような心洗われる歌でした。

プレイヤーといっても、遊び人ではなくて、「祈り」という意味だそうです。震災の後の被災地で歌われた歌だそうです。

加奈子さんは、こういう素敵な歌も歌ったのですが、1部ではモモクロの振りにチャレンジ!

以前に見たアニーのモノマネを思い出しました。Jちゃん的エドサリバンショー
真っ赤な衣装で大きなボンボンを頭につけてなりきってました。
もちろん茉奈佳奈ちゃんも希さんビアさんも。

これを歌うと皆さん、息が上がってしまい、立ち上がるのに時間がかかってて正座でトークなんかも。

茉奈佳奈ちゃんも、歌結構頑張ってまして、レミゼの「夢やぶれて」を二人で原語で歌ってくれました。
この二人、本当に声室が似ていて、目を閉じて聞いていると、途中で歌を変わっても気がつかないんです。

1部は、アニソン替え歌で自虐ネタを披露したり、2部はミュージカルを原語で歌ったりと楽しいショーでした。

翌日編へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミュージックライブ♪「大人の音楽」

2013年12月29日 | ミュージカル
ミュージックライブ♪「大人の音楽」
2013年12月27日(金) レストランPAPERA
Open:18時半~
Start:19時半~

Vocal 桑原麻希 持木悠 美夜 櫻井太郎
ゲスト 松原剛志
Piano 森亮平
Drum 鎌田嵩己


今日は仕事納め後、こちらの会場へ。仕事納め前に人形町のメーカーへ行っていたので、仕事した感ゼロ(笑)
人形町では、近くにあった魚久イートインでランチ
美味しかったですよ!限定20食のさわらとぶり大根で1050円でした。

納会でワインやらチーズやらいろいろ食べていたので、今日はこちらのレストランではカレーは無理だと思い、チーズナンとサラダをいただきました。

前回と同じメンバーでのこの「大人の音楽」今回も楽しませていただきました。
太郎さんの哲郎(999)とクワマキさんのメーテル、それにクワマキさんはエリザベートのドレスに、アリエルなどなど見せてくれる。
太郎さんも負けじと美空ひばり、ヨン様など、浮気せず一つのモノマネを極めてます(本人談)

そんな中、松原くんもクリキンでサングラスをして歌うというチャレンジ(結構地味ですが)太郎ちゃんはもちろんアフロ。
結構高い声でしたけど、頑張ってましたし、ハーモニーが良かったです。

もちきさんは、できる限り生歌でマイクなし、オペラやミュージカルナンバーを披露してくれました。
持木さんのジキハイとか、クワマキさんとのオペラ座の怪人もステキでした。
やっぱりうまい!お父様のお下がりという燕尾服。お父様に憧れてオペラ歌手の道にすすまれたそうです。

美夜さんはJAZZのスタンダードナンバーを披露してくれました。JAZZなので間奏にピアノのソロがあったりしましたが、森くんJAZZもイケてます!

松原さんは、最後の雨(中西保志)、レイニーブルー(徳永英明)と、雨の歌を2曲披露。
どちらも大好きだった曲だったので、とっても嬉しかったし、声がいいので本物より聴き心地が良かったかも。

また、機会があったら参加したいライブでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

殺しのリハーサル

2013年12月28日 | ストレートプレイ
殺しのリハーサル
2013年12月25日 19時~ キンケロシアター


作 リチャード•レビンソン&ウィリアム•リンク
演出 鈴木孝広

出演:林与一 山本みどり 倉石功 松島健市郎 蓉崇
   真田慶子 宮川智之 宇部洋之 吉村美奈子 麻宮良太 CHAMO 只野操


レミゼでバマタボアでご活躍された宇部さんのストレートの舞台を見てきました。

主役は林与一さん、山本みどりさん。って、昔テレビで見たような?
いまは舞台に出ていらっしゃったんですね。

この作品刑事コロンボを生んだリチャード・レビンソンとウィリアム・リンクの傑作ということでした。

こういう推理の舞台って、初めてみましたが、結構はまりました。

林さん、お年を召されていたようですが、ファンの方も多かったようです。
ただ、作品の感じから(婚約者を殺された劇作家)もう少し若い方が主役方が話に入れるかな?と感じました。


宇部さんも、今回ストレートプレイ、このカンパニーでは若手。
でも、結構重要な役を演じていました。

そうそう、これピュアマリーの作品なのですが、結構見ている自分にびっくりでした。
観ていたピュアマリー作品は、アプローズ、アガサ・クリスティー「サスペンス・オムニバス」、パルレ、ステッピング・アウト。

ちょっとびっくりでした。(最近の怒涛の観劇やらお出かけで感想が追いつかない・・・)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスの贈り物

2013年12月26日 | ライブ
クリスマスの贈り物
2013年12月24日 18時半~ 洗足学園音楽大学 シルバーマウンテン1F

出演
講師:tekkan
研究員:石川剛 般若愛実 安士百合野 鎌田誠樹
卒業生:可知真理子 岩倉真彩 吉田萌美
ピアノ:篠原真


洗足学園のイベントは2回目。あのとき出演していた方も出ていたことを後で知る私。
でも、ピアノの先生が一緒なのはすぐ解りました。(だって伴奏が。。。
先生、体操の末次に似てません?って、前から思っていたのですが(笑)
先生、皆さんのお名前をことごとく外してくれて・・・狙い?
悩んで外すってすごい技かも(笑)

以前のイベントの感想はこちら
般若さん、可知さんもこの時にも聞いていたんですね。先生しかわからない私って(笑)

今回も2000円でウエルカムドリンクのワインいただきました。

みなさんそれぞれに個性があって、また声も歌もステキ。
石川さんのカフェソングが聞けたり、鎌ちゃんのスターズも!
tekkan先生は、先生らしく英語で歌われ、さらにメドレーにしてました。

このホールまだ新しいようで綺麗でステキでした。出来れば台をおいて出演者を見やすくしてくれたら嬉しかったかも。

今日は、レミゼのメンバーや、second of life(だったかな?)の出演者もいらっしゃっていて客席も楽しかったです!


Seasons of love(全員)
踊り明かそう(安士)
Amazing grace (可知)
I feel pretty (岩倉)
You raise me up (可知)
Second hand white baby grand(般若)
輝く未来(安士、石川)
Something more (般若、鎌田)
Some things are meant to be(岩倉、吉田)
Beauty and the Beast (般若、tekkan)
クリスマスララバイ(吉田)
Gimme Gimme(吉田)
カフェソング(石川)
Stars(鎌田)
レミゼメドレー(tekkan)
Seasons of love(全員)
アンコール
きよしこの夜(全員)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

華麗なるミュージカル クリスマスコンサート2013

2013年12月25日 | ミュージカル
華麗なるミュージカル クリスマスコンサート2013
2013年12月23日 17時~ 新国立劇場 中劇場

演出・振付】本間憲一


【出演】アダム・パスカル 岡田浩暉 木村花代 シルビア・グラブ 野島直人 藤岡正明 ヤン・ジュンモ
   23日ゲスト 安蘭けい/石井一孝

   秋山千夏 石瀬みづほ 首藤萌美 伯鞘麗名
   大木智貴 小林遼介 小南竜平 遠山裕介


このようなガラコンサート、何度か行っていますが、今回本当に行って良かったって感じでした。
曲目も聞きたかった曲があったり、海外からのゲスト、アダム・パスカルさんや、ヤン・ジュンモさん、本当に迫力でしたね。

今回人数もほどよくて、皆さんの歌をいろいろ聞けた2時間ちょっとでした。

安蘭さんは、next to normalから、I Miss the Mountainsとか、懐かしかった。そういえばあの時の旦那さんが客席にいらっしゃいました。
アイーダやレミゼ、ジキルとハイド、オペラ座など人気の作品からもたくさん歌ってくれました。

アイーダのシルビアさん、アダム・パスカルさんのデュエットとってもステキでした。
また、ヤン・ジュンモさんのオペラ座の怪人と木村花代さんのクリスティーヌ鳥肌もの。

まだまだ、出演したかったのでは?なんて、思いました。

野島さんは、パルレで韓国語勉強され、ヤン・ジュンモさんと闇広(エリザ)を韓国語で歌ったりと、いろいろ趣向が凝らしてありました。

そうそう、司会は立花さん。韓国との交流もされているのでいろいろお詳しい。女性がカンペ持って登場していても、立花さんは覚えている話というか、知っていることを話しているので、詳しいんですよね。

遼介くんは、ラップをやったりと、アンサンブルというかコーラス隊の中でもかなり目立って活躍されていました。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Second of Life 全チーム観劇

2013年12月24日 | ミュージカル
TipTap「Second of Life」
2013年12月22日 上野ストアハウス
作・演出:上田一豪 
音楽:小澤時史
バンド:小澤時史、成尾憲治、高島一航、成田裕亘、赤星鮎美
Aチーム
染谷洸太、稲田みづ紀、岡村さやか、伊藤俊彦
Bチーム
海宝直人、須藤香菜、青山郁代、tekkan
Cチーム
阿部よしつぐ、上田亜希子、吉沢梨絵、港幸樹


今日一日で3チーム見てきました。このシーンはこのチームが好きとかありました。
どのチームも歌がみなさんうまいですね!どのチームもハーモニが美しい。

どこが一番好きだったというのは好みがあると思います。

Cチームの阿部さんと上田さんは、喧嘩の迫力が半端なかったです。
怒っている彼女の止め方も、多少自由に動いてから止めるという感じでした。
ソファーをけったり、

内容か思っていたのより重く、考えさせられる作品でした。
本当の解釈がどうなのか解りませんでした。
それぞれの心の中にあるのかな。

1回目見たとき、3回も入れてしまったこと後悔しましたが、2度目見ると、重さも和らぎ、作品の奥を知りたくなるような感じでした。

若々しいカップルは海宝くん須藤さんペア。大人な感じはよしつぐさん、上田さんペア。
彼女への想いが一番強いのは染谷くん稲田さんペア。

タクシー運転手さんは、tekkanさんは関西から来たといった設定。伊藤さんは、がらっぱちな感じでそのやりとりが笑えました。
港さんもベテランな感じで楽しいやりとり。
重い舞台のシーンでここは楽しませてくれました。

上手く感想がかけないのは、見ないとわからないことが多いからかなと。
見ながら感じ、考える舞台かなと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nutcrackerーくるみ割り人形ー

2013年12月23日 | ミュージカル
音楽劇「Nutcrackerーくるみ割り人形ー」
2013年12月21日 18時~ 六行会ホール

原作/E.T.Aホフマン
台本/寺山修司
構成・演出/宇治川まさなり

出演 佐伯太輔 中塚智実 桑野晃輔 鯨井康介 栗田恵美 加藤沙耶香 あづみれいか 藤浦功一

村山歩 川崎誠司 栗栖裕之 池田美千瑠 佐々木誠

杉山みどり 倉本夏希 樫村みなみ 清水若菜 清水日向子 華子 根本玲那 永咲友梨 新井慶 磯貝さゆり 和泉友紀 大久保美奈 音河亜里奈 白石岬 杉本良太郎 高橋惠 武井華 竹内真理 中村奈々 二宮綾音 平川めぐみ 正井雪香 丸山はるか 元谷百合奈 山岸みか 吉岡未紗 渡邉万優茄


久しぶりに六行会ホールへ行ってきました。京浜東北線が止まっていた時に移動したのでちょっと大変でしたけど。

このホールの劇場サイズの割に出演者が多くて、どこ見ていいのかわからないときも。

佐々木さんや藤浦さん、鯨ちゃん中心に見ていたので、マニアックかもしれませんが感想を。

ストーリーはくるみ割人形をベースにしていますが、アレンジされていてました。寺山修司さんは難しいけど、これは私でもなんとなく解りました。

藤浦さんは皇帝、「え?」って格好でも登場しますがダンスは相変わらず決まってました。
トートダンサーや元JACだけあって、ダンス切れてました(笑)

佐々木さんも、最初の男性として立っている姿で解るのってダンスやっているからでしょうね。

鯨ちゃんはネズミの長男として母や兄弟のために必死で戦ってました。
髪の毛上で結んでちょっと、恋次みたいでした。

佐々木さんは踊りのシーンも多くて楽しめました。

主役の方は元AKBとか、テニミュー出身の方でいろいろな年齢層の方が多かったですね。
主役の男性もコウスケくんなので鯨ちゃんと同じ名前なので、劇場で「コウスケ」って話をしているとどちらかがわからなかったかも。

出演者が多かったので、ダンスとか狭そうな感じもあったので、出演者を絞ってのびのび踊ってもらったほうが良かったかも、と思ったのは私だけ??

クリスマスにふさわしい作品でした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

O・JI・N ファーストライブ

2013年12月22日 | ライブ
O・JI・N ファーストライブ
2013年12月20日 19時~ 江古田Buddy

Vo:川口竜也 北川辰彦 KENTARO 萬谷法英 持木悠

Pf:森 亮平 Dr:鎌田嵩己 Bs:津々木明穂


レミゼで共演していた仲間が集まっての、楽しいライブでした。
このライブちゃんと脚本があって(萬谷さん作)そちらもありの楽しいショーでした。

曲はそれぞれのチャレンジやレ・ミゼの曲も。

このコントは、でまちまちこちゃん(萬谷さん)と川口さんの出待ち対応でのコント。
川口さんのこと分からずに、サインお願いしちゃうんです。(たまにそういう人見ますよね。誰だかちゃんと認識していないのに声かけたり)
サインも、婚姻届にせがんだり、連帯保証人の欄だったり(流石にこれはないけど)
で、このまちこちゃんの話を楽屋などで役者さんたちが話しているシーンも。
これって、きっとこう言われていることあるんだろうなって思いますよね。

そうそう、ヤクザの親分子分の話しがあって、こちらはKENTAROさんが迫力ありました。
北川さんと持木さんの子分(北川さんの方が先輩)も、結構似合ってました。北川さんはソフトな感じなんだけど、結構板についてました。

ライブでもおじん見習いのもっち~、こちらも一番下の子分でした。

後半では、この子分二人がまちこちゃんに恋をして、告白しようと思ったら親分の娘だったというオチが

あ、曲とか書いていないけど、オペラ出身先輩後輩のデュエットもあったり盛りだくさんのライブでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加