感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

tekkan Birthday LIVE 2013

2013年02月27日 | ライブ
tekkan Birthday LIVE 2013
2013年2月25日 19時半~ 神楽坂 The Glee

【出演】tekkan Vo & Pf
Guest Vln.: 須磨和声




2度目の神楽坂のThe Glee。ここピアノがスタンウェイで音響も結構いいのでtekkanさんのピアノがいつも以上に上手く聞こえます。

○○歳のバースディライブ

今回はオリジナル曲中心に、ゲストの和声くんと息の合った演奏&音楽を聞かせてくれました。

今回のライブのための新曲も披露されたりと、tekkanさんからも私たちに歌のプレゼントを貰った感じでした。

和声くんも以前カツオくんてき髪型でしたけど、今回ロングになって素敵なお兄さんになったよう。
今や映画にもご出演でマルチに活躍されているんですね。

tekkanさん、現在は教えが中心のようだけど、ライブなどもまたやってほしいな!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シアノタイプ LIVE

2013年02月26日 | ライブ
シアノタイプ LIVE
2013年2月24日 17時~ 舞浜・クラブイクスピアリ
【出演】シアノタイプ
vocal.海宝直人 guitar.小山将平 bass.西間木陽 Drums.古賀真人


久しぶりのイクスピアリへ、海宝くんがボーカルのバンドの単独ライブです。

海宝くん以外はお初でした。
みんな海宝くんと年が近くて、アットホームな感じでした。
たぶんギターの小山くんのご両親が前方にいらして、彼の動きをずっと見つめていた姿が印象的。

海宝くんもミュージカルなどは歌わず、すべてシアノタイプのオリジナルでした。
ベースの彼は、ギターの小山くんに「しそ君」なんて言われて、私もそのせいでしそくんとしか記憶が(笑)

結構ギターの彼はいろいろ喋ってくれましたね、海宝くんちょっとMC苦手かな、話が膨らみにくい感じかも。
まだまだ、MCはこれからですけど、歌は最高でした。

このクラブイクスピアリ今年3月で閉館だそうです。寂しいですね。


これはオリジナルカクテル


セットリスト

赤茶けたって歌は、「Aで終わると売れるという事を聞いて、このタイトルってことでタイトルと曲だけあって、
これに海宝くんが歌詞をつけたそうですが、歌詞の中にもちゃんと「赤茶けた」って言葉が入ってました。

若いけど、これから活躍しそうな4人!楽しみです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひらふじプラス

2013年02月24日 | ライブ
ひらふじプラス
2013年2月23日 14時~ SARAVHA東京

出演:藤浦功一 平澤智 今井瑞
ゲスト:川崎悦子
バント:岩崎廉 細野慎平 千葉伸彦 赤迫翔太


平澤さん、藤浦さんともにJACから30年ということで二人で30周年の記念イベントに参加してきました!

お二人を初めて見たのは私はシューズオンかな。あの学生のギャグが大好きでした。
藤浦さんの長いリーゼント、また見たいな~。なんて思い出しながら。

最初の登場は、スタイリッシュにダンス。
途中、公園で新聞を読むおじさんたちの、ふとした言葉でに反応して、「タテ」「タップ」などなど
ギャグを織り交ぜながら、ふたりの個性をふんだんに見せてくれました。

謝さんとのエピソードは笑わせてもらいました。

プラスの今井さんのバックでダンスしたり、ふたりの個性がわかる家庭的なライブって感じです。

そうそう、今日はゲストが川崎悦子さん、彼女の即興振り付けに二人がその場で習い披露するというもの。

初級だけど、かなりかっこよくて素敵でしたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミュージカル アトム

2013年02月24日 | ミュージカル
ミュージカル アトム
2013年2月22日 19時 新宿文化センター わらび座
原案:手 治虫
脚本・演出:横内 謙介
作:甲斐 正人
振付:ラッキィ池田、彩木 エリ
出演:
トキオ 良知真次 (東宝芸能)
マリア 碓井涼子 アズリ 村井成仁
スーラ 岡村雄三 神楽坂町子 遠藤浩子 
タケ 三重野葵 エミ 菅野真以
ダッタン 長掛憲司 クロキ 近藤真行
チルチル 瀧田和彦 ウメ 小林すず
シアン 逢沢優 ヨッツン 森下彰夫
ベイリー 鈴木裕樹 チータン 神谷あすみ
ヘレン 金城翔子 ジュリー 鈴木潤子
ロップ 角田紀子 あんこ 駒野谷咲子


友だちに誘っていただき、見てきました。
アトムになぞられた内容で、アトムの後、普通にロボットが人の手伝いをしているが、馬力は人間以下にされてる。
人も金持ち、貧乏人と差別、人間とロボットの差別、ロボットにも感情が芽生えている。
ロボットと人間の恋、人間とロボットの友情はあるのか・・・。(かなりはしょってます)という話。

わらび座初だったのですが、みなさん結構レベル高くてびっくり。
アズリ役の方はとても若かったけど歌も安定していたしダンスも良かったです。
良知くんにはダンスは及ばないけど、歌は対等って感じでした。時々かんだことを突っ込まれてたけど
それもふたりの仲の良さを感じました。

タイトルどおりアトムも登場したり、人間とロボットの友情が芽生えたりするシーンでかなりウルウル・・・。

素敵な舞台でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハッピーになれる?

2013年02月20日 | グルメ


会社でお土産にいただきました。
ハッピーターン

メープル味や木苺、チーズ味などなどいろいろあるんですね。

これも、前回いただいたポッキー同様お店が限られていて東京で売られていないとか。
長時間並んで買っていただけました!

おすそ分けいただいて、ハッピーになれるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝塚歌劇月組『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』

2013年02月18日 | ミュージカル
宝塚歌劇月組『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』
2013年2月17日11時~ 東京宝塚劇場

原作:池田理代子
脚本・演出:植田紳爾
演出:鈴木圭
オスカル:龍真咲 アンドレ:明日海りお


珍しく宝塚歌劇を見てきました。というのも一度はベルばらを見たかったの&知り合いのお嬢様がご出演だったので。。
お嬢様も凛々しく戦っていました。

衣装といい、THE 宝塚って感じですね。
特に最後の白馬のシーンはマツケンのドラキュラか、トート登場シーンかというぐらい凄かったです。
あまりみないけど、宝塚でこういう演出って今まで見たことなかったです。
宝塚劇場は左右に広いのですが、右から左まで動いて見せてくれるんですね。

あ、ラストから書いてしまいましたけど、途中もなかなか良かったですよ。
特に貴族のドレスとか、豪華で好き!

やんちゃな近衛兵たちってみんな男役らしくて結構好きかも。

Wトップでこんどお一人は組み換えにとのこと。
今回組み換えになるまえにお二人見られてよかったです。

宝塚のベルばら初めてでしたけど、豪華なセット&衣装で宝塚歌劇らしく素敵な舞台でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

+GOLD FISH(プラス ゴールドフィッシュ)

2013年02月17日 | ミュージカル
+GOLD FISH(プラス ゴールドフィッシュ)
2013年2月16日 13時~ 東京芸術劇場プレイハウス

出演: 作・演出:西田大輔 音楽:和田俊輔 
出演:米倉利紀/杏子/笹川美和/桑野信義/IZAM/KATSUMI/SHOGO/
   ドリアン助川/AKINA/今井千尋/西田大輔/松本英子


多忙な土曜日でした。トレーニングに行って、コンタクト受け取ってで、これ。その後同窓会へ。

これは、西田さん作・演出で今回執事役で出演もされていました。

音楽劇というか音楽のプロが出演の舞台という感じなので、ちょっと毒を吐くと
歌は上手いけど、芝居が???っていう感じなんです。

演技もセリフも大事だなって、実感しちゃう舞台でした(誰とは言いませんが・・・)

ただ、歌はすごいし、杏子さんや米倉さんは舞台出演も多いだけあって演技も上手いし歌も流石です。
特に米倉さんの歌は素敵でした。

時が戻ったりするので、最後にどんでん返し的な内容なので、頭良くないと理解できないような感じ。
(私は頭が悪いので理解するのにかなりかかりました)

巨大な水槽が印象的な舞台で、ここで繰り広げられる話。
推理小説好きが集まるだけあって、裏の裏があるような話にドキドキしました。

そうそう、この劇場新しくなって初めて入りましたが印象変わりましたね。
なんか、古いレンガでオフシアター的なイメージの劇場になっていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬用育毛剤 髪美力 体感ミニボトル

2013年02月15日 | モラタメ
薬用育毛剤 髪美力 体感ミニボトル



モラタメさんのサイトでいただき試してみました。
女性の髪をハリ・コシ・ボリュームを出してくれるとのこと。

現在お試し中ですが、つけていてもベタついたりせず使いやすいですね。
匂いも気になりません。

効果は今のところわからないのですが、抜け毛が少ないような感じがしますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Endless SHOCK

2013年02月15日 | ミュージカル
Endless SHOCK
2013年2月14日 13時~ 帝国劇場

作・構成・演出: ジャニー喜多川
主演:堂本光一、屋良朝幸、ふぉーゆー(辰巳雄大 越岡裕貴 福田悠太 松崎祐介)
  山本亮太、岸優太、サントス・アンナ、前田美波里、石川直、日野一輝(和太鼓)、田矢聡(和太鼓)ほか


オーナーが女性の美波里さんになって、いろいろ変わっていました。
女性オーナーになったことで屋上でのシーンも割と普通に(笑)

また、途中で紛れ込んで舞台に出ちゃったシーンは無く、差し入れを楽屋に持って入るという流れ。
その分、屋良くんのタップや歌がたっぷり見られました。

町田くんと米花くんのところに辰巳くんと福田くんが入り、4Uの二人と山本亮太くん岸優太くんが入ってました。
若い二人は踊る踊る、ちょこちょこいろいろなシーンでも端っこでもちょこちょこ踊ってたのですがダンスうまかったです。

町田くんの刀を間違える重役は辰巳くん、ワイヤーは福ちゃんと若手が支えていました。

シェークスピアのシーンも回想が短めになって、ハムレットのシーンもカットされ、屋良くんがリチャードに重なるような感じで描かれていましたね。

辰巳くんのシーンを見ると、ついつい町田くんに重なってしまいました。

光一くん流石って感じで、今回会社の友達を誘って行ったのですが、友達も凄いと絶賛でした

石川さんの太鼓にサポートのように二人入り、より本格的になっていましたね。
太鼓は短めだったかな。

今回、町田くん出ていないのでこれで終わりだけど、毎年見に行って光一くんの成長を感じたいですね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンナ・カレーニナ

2013年02月15日 | ミュージカル
アンナ・カレーニナ
2013年2月14日 18時15分~ ルテアトル銀座

原作:レフ・ニコライビッチ・トルストイ
訳詩:小池修一郎
演出: 鈴木裕美

出演:一路真輝 伊礼彼方 葛山信吾 遠野あすか 春風ひとみ 井之上隆志 山路和弘
  清水詩音 大東リッキー
   乾あきお ひのあらた 高橋広司 岡田誠 石井一彰
   福麻むつ美 伽藍琳 木村晶子 宮菜穂子 七瀬りりこ
指揮:塩田明弘


シラノを指揮していた塩田先生がこちらも指揮していました。シラノメンバーもいらしてましたね。
シラノの友人と、シラノと劇場で戦った美しい彼。
新納さんは今日セミだったとか。
一日違いで残念><

芳雄くんの時にみていたのですが、その時の感想はこちら

前回を読み返すと夫に同情していた私。今回年を重ねてもやはり同じでした。
アンナを愛おしく思うかと思ったけど、やっぱり山路さんが正当かなと。

今回ただ、二人目の子供を可愛いと思わず、若い彼に向いているのは愛が強すぎからかな。
最初の旦那の子供は、旦那を好きではなかったので、子供に愛情がいき、
今回は彼大好きで、子供も女の子だったから彼に気持ちが向いたままだったのかな。

遠野さんと葛山さんの恋が、アンナたちの恋の対比のように見せているんですかね。

今日はバレンタインということでスペシャルがありました。
まず女子部(春風さんの司会で一路さん遠野さん)
3人で今回自腹でいくつチョコを買って誰にあげたかという話。
春風さんは一人で生きていくからと誰にもあげてないって話には笑いました。
一路さんも、今年は買ってないとか。
その後イケメン男子ってことで登場したのは、塩田先生と井ノ上さん
二人ご挨拶だけして、その後
山路さん、伊礼さん、葛山さん
3人が女性を楽しませるということで、3人でモノマネということで春風さんや一路さんなどをされていました。
最後は葛山さんのトシちゃんまで出してしまうなんて楽しいですね。
最後3人で一路さんが薬飲んだあとに歌う歌を披露してくれました(もちろんモノマネで)

一路さんも、井ノ上さんのモノマネしちゃって、楽しかったですよ。

重いテーマの作品ですが、曲も素敵だし、セットもいいのでぜひみてくださいね。
あ、岡田誠さんが結構私のツボでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加