感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

杉山有大 初ソロライブ【杉山有大:全部】

2010年07月31日 | ライブ
杉山有大 初ソロライブ【杉山有大:全部】
7/31(土) 笹塚Blue-T
2回目(夜の部)
19:00~20:00 ディナータイム
20:00~21:30 ライブ


今日は朝から、バタバタと動いていて、夜こちらのライブに向かいました。

杉山さんは、ラカージュで認識しだして、その後ミーマイやレベッカ、屋根の上のバイオリン弾きなど、最近ではリーヴァさんのコンサートなどにもご出演されていますね。

今回は、初ソロライブとのことですが、今までの31歳8年間の舞台生活を振り返りながら、歌を披露してくれました。

私はラカージュのCDはヘビロテで毎日のように聞いているので、なんだかとっても嬉しい気分。(ミーマイもヘビロテです)
ラカージュからは、マスカラとアンヌと二人(かな?)それに、ミーマイからは外灯の下ででした。

そうそう、昨日笠嶋さんが歌われていたルドルフから、「私という人間」を今日も聞けて、流行っているのかしらというか、この歌素敵ですね~

休憩後テネシーワルツ(江利チエミ物語)やレベッカなども歌ってくれました。

エピソードがかなり面白くて、舞台裏の様子も楽しく伝わってきました。

杉山くんの時直で真面目な感じが伝わる楽しいライブでした。

今回なんと3000円なのにお食事付きという素敵なお値段。
お食事もなかなかおいしかったし、量もありました。

コーヒーと杏仁豆腐を追加で食べても800円の追加というお得なライブでした

また、次回も行きたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の時間 笠嶋俊秀&谷合香子コンサート

2010年07月31日 | ライブ
大人の時間
~笠嶋俊秀&谷合香子コンサート~

7/30 18:30~ やなか音楽ホール

出演:笠嶋俊秀 / 谷合香子
ゲスト:金澤博 / 本田育代
ピアノ:福井小百合



会社を早退して、初西日暮里でした。
周りは何故か、餃子のお店が多いこと・・・。

そんなところを歩いていくと、とても素敵なホールに到着。
駅からはそんなに遠くなく、解りやすかったですね。

まだ新しい感じの素敵なホールでした。

1部は、笠嶋俊秀さん谷合香子さんの共演されていた作品ルドルフから、このひとつのミュージカルの曲を順に抜粋してつなげながら、動きもありつつの構成。
笠嶋さんは、ルドルフとファイファーさん。浦井くんの緑の衣装が懐かしい

マリーを谷合さん、そして、ターフェとフランツを金澤さんでした。金澤さんはお時間がなかったとのことで譜面を見ながらでしたけど、声量が凄くて迫力満点でした。
ターフェが階段上って上からマリーを脅迫するように歌う歌も真に迫ってました。

本田さんは、ラリッシュ夫人と奥さんのステファニー。ステファニーは黒の衣装
ラリッシュは茶色い素敵な衣装でした。

みなさんノーマイクなのに迫力満点!2階にもスペースがあり、そこからの歌も素敵でした。

2部はMCありつつと、ミュージカルから歌ってくれました。
金澤さん以外は、サイドショウでのつながりとのことでしたね。

ナインやラストファイブイヤー、パイレートクイーンと私が見たことのアルミュージカルからが多かったです。もちろんサイドショウも。

2部では客席からのお題で笠嶋さんと谷合さんが絵をかくというのがあり、笠嶋さんは凄くうまかったですね。

素敵な空間で素敵なライブに1週間の疲れが癒された時間でした。

笠嶋さんは、今度tekkanプロデユースのMIKADOにご出演です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界

2010年07月30日 | 美術館関係
ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界
7/29 Bumkamura ザ・ミュージアム


赤坂で歌舞伎を見た後に、時間があったので見に行ってきました。

版画なんですよね~。細かすぎる~、もう最初っからびっくり。
日本の歌麿のような・・・
風刺を利かせながら、とても細部にまでこわだりのある版画のオンパレード

この作品大きくみるというより、細部まで見るように、近くなのに双眼鏡のようなものを持ってきてみている方もいらっしゃいました(笑)

1作品1作品じっくりみていたら、一日でもおわらないくらいのボリュームでした。

なので、平日の夕方だけど、かなり混んでいて、これ土日に行ったらどうなっていたんだろうかと思いましたね。

今日でも結構混んでいて、ひとつの絵の前に一人か二人しか見られないので、混んでいたら大変ですね。

オランダのことわざを表現した絵とか、船の絵とか、細部にわたってよくできていてました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤坂大歌舞伎

2010年07月29日 | ストレートプレイ
赤坂大歌舞伎 千秋楽
7/29 14時~ 赤坂ACTシアター
人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)
           左官長兵衛  中村 勘三郎
            女房お兼  中村 扇 雀
            手代文七  中村 勘太郎
              お久  中村 芝のぶ
         角海老娘分お光  中村 鶴 松
           鳶頭伊兵衛  片岡 亀 蔵
          和泉屋清兵衛  坂東 彌十郎
         角海老女房お駒  片岡 秀太郎


鷺娘(さぎむすめ)
             鷺の精  中村 七之助

歌舞伎の舞台で初千秋楽に行ってきました。といっても結局何もなかったけど
(もしかしたら、海老蔵さんの結婚式だから皆さん行ってしまったのかもね

今日は斉藤慶子さんもご観劇のようでした(近くでした)

2回見ると、やっぱり理解が深まりますね~。
勘三郎さんの江戸っ子の粋な感じや、最後のところで話を理解しないところなんて、いい表情ですよね。

扇雀さんとのコンビもさすがです。今日は屏風に首が乗っかってしまうアクシデントがあって、マジ笑い

鷺娘はストーリーを読んでいったら、理解が深まりました。
そうそう、早着替えも素敵だけど、しんしんとふる雪の中を踊るところ好きでした。

最後のせつない表情も素敵でした。

香取慎吾ちゃんからもお花が届いていたのね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の大運動会

2010年07月26日 | ストレートプレイ
真夏の大運動会 初日
7/25 17時~ シアタークリエ
作・演出・振付: 中村 龍史
出演:今井 清隆 本間 憲一 北村 岳子
  中村JAPANドラマティックカンパニー
TERU 三井 太一 知 幸 武子 展久 羽賀 佳代 浅見 清香 三宅 綾子
高星 寿子 土屋 舞 水野 江莉花 土屋 幸子 おか えいり 舞 衣
小山 圭太 相川 舞 杉浦 小百合 畠山 瑞枝


久しぶりの本間さんご出演の舞台でした。
でも、今回は趣向が変わっていて、客席参加型のイベントでした。
なんせ、運動会!私の席にも玉入れの玉と鉢巻が置かれています。
上手赤組 下手白組で対抗戦!

一応ストーリーはあって、株式会社ドーモは運動服を扱う会社。
そこで日比谷公園で運動会をと思っていたけど、部長さんが公園と公演を間違えて
クリエを押さえてしまったとのこと、ここでも運動会は出来るだろうということで
この企画!さらに、宝石強盗が紛れ込んでいるとのことで、そのおとり捜査のため
警官も紛れ込んでの運動会という設定。

設定はちょっと強引ですが、参加型も結構楽しいし、
中村JAPANの皆さんの身体能力が凄すぎます

人間で縄跳びしちゃったり、とび箱なのに、手を着かずに飛んでいて、さらに跳び箱の上に人までのっちゃったり。

テントだと思っていたものが、あれれ・・・とスゴ技の数々。

客席参加の大玉ころがしや、玉入れも楽しかったぁ。

そして歌あり、ダンスありの楽しい2時間半でした

お子様も多くて、お子さん連れでも楽しめる楽しい運動会でした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤坂大歌舞伎

2010年07月25日 | ストレートプレイ
赤坂大歌舞伎
7/25 12時~ 赤坂ACTシアター
人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)
           左官長兵衛  中村 勘三郎
            女房お兼  中村 扇 雀
            手代文七  中村 勘太郎
              お久  中村 芝のぶ
         角海老娘分お光  中村 鶴 松
           鳶頭伊兵衛  片岡 亀 蔵
          和泉屋清兵衛  坂東 彌十郎
         角海老女房お駒  片岡 秀太郎


鷺娘(さぎむすめ)
             鷺の精  中村 七之助


この人情噺文七元結は、大昔に見ていますが、すっかり忘れていました。
でも、これイアホンガイド無しでも十分楽しめました

勘三郎さんの表情が見えるようなF列でしたので、凄く楽しめました

江戸っ子の義理と人情に弱いところ、そしてそれを文句を言いながら支える妻お兼の扇雀さんも、かわいいというか素敵。最後のボロの着物を隠しながら、最後の縁談の話がまとまっていくところの表情や動きは絶品でした。私歌舞伎は詳しくなくて知らなかったのですが、扇千影さんの息子さんだったんですね~彼。

ちょっと似てるかも~。

笑わせながらも、ほろりとさせる演出は流石ですね。

そうそう、娘役の芝のぶさん、とってもかわいいですね。
特に白塗りもしていない時でも、女性より声もしぐさも女性らしいですね。
まるで宝塚歌劇の男役の反対版みたいですね。

こういう話はわかりやすいし、悪者も出てこないし義理と人情のお話大好き。

2部の鷺娘、これはイヤホンガイドが必要だったかも。
七之助さんの明日をぽんとするしぐさとかとっても女性らしくて可愛かったわ。

感情の変化はなんとなくわかるけど、何を表しているのかは
イアホンガイド必要だったかもしれないですね。
今度、軽く説明を読んでから行こうかな(千秋楽に行きます)

早替えは、凄いですね!
大衆演劇の早替えも凄いですけど、こちらも帯までかわてしまいびっくり。

次回も楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行

2010年07月22日 | 気の向くままに(その他)

20日~22日まで一足早い夏休みということで、伊豆に旅行に行っていました。

温泉と料理とカピバラさんを堪能!

シャボテン公園と、伊豆アニマルキングダム(旧バイオパーク)へ

のんびりすごして来ました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Endless SHOCK!

2010年07月20日 | ミュージカル
Endless SHOCK!
7/19 18時~ 帝国劇場 
出演:堂本光一 植草克秀 内博貴 町田慎吾 米花剛
   佐藤めぐみ 石川直
   MAD(辰巳雄大 越岡裕貴 福田悠太 松崎祐介) 他


熱い中参加してきました。今日は10日ぶりかな。

最初の屋上シーンでのアドリブが今日も楽しかったです。ちょんまげのカツラにベビースターを持って登場。光一のコマーシャルやっているからかなぁ。
ベビースターまで持ってくるとは凄いですね。で、ここで3時にねというところを、植草さんが、3痔(と感違いしたのか、ジのところで、お尻をさしてました)
ちょんまげのカツラをみても、ちょっととればこんなもんですからって、座長も切り返しもなれてきた感じですね。一度はかぶってもらいたいということですが、どうなるでしょう。
私は今日で終わりなんですけど・・・。

そうそう、今日は植草さんがこれから放映されるという世界丸見えでもらったという、かめのヘルメットが大活躍。打ち上げのシーンだったかな、そこでもかぶって登場しますが、他でも大活躍でした。


オンでタップで植草さんが登場したときにも、座長に「髪きった?」とタモリさんみたいに言われて「うん」と素直に言っていて、内くんが怒って戻ってきたときも、「髪きりました」なんて謝ってました(笑)

内くん2幕の刀の入れ替えを告白したシーンがとっても感情が入っていて前より凄くよくなっていましたね。

他にも書きたいアドリブシーンがあるので、またそのうち追加か、ここに追加しますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

one on one G♭

2010年07月20日 | ミュージカル
one on one G♭
7/19 13時~ 遊空間がざびぃ
出演
内藤大希 岡村さやか 鎌田誠樹 別紙慶一 蔵重美恵(激弾BKYU)
田宮華苗(ミュージカル座) 大津裕哉 梶雅人 土倉有貴 美木マサオ
佐野まゆ香 竹田真奈美 武津美奈子 千田阿紗子
脚本・演出・音楽・出演:浅井さやか


今回はこの劇場のお題にそったお話ということでかなわぬ愛というミュージカルパフォーマンス。
人形姫・地の味 交わる心 

そして、コードシリーズのダイジェスト版がありました。

今回は、かなわぬ愛で半分ぐらい、ダイジェストも同じぐらい、そてい次回作シェークスピアの歌を2曲披露してくれました。

私のお気に入りの鎌ちゃんは、2部のチャップリンにあこがれる役者と勝海舟役で登場

あいかわらずの声量&歌唱力でした。
そして、このチャップリンの説明をするときに、別紙さんと二人で鼻息で浅井さんを笑わせてしまってました(これも演出かな)

日なたに出ていた岡村さんもとってもかわいくってカニさんの切なさが伝わってきました。

いろいろ凝ったつくりになっていて、浅井さんの才能を感じる舞台でした。

(ちょっと疲れてるので短めでごめんなさい)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラブル万歳!

2010年07月18日 | ストレートプレイ
トラブル万歳!
7/18 19時~ 恵比寿エコー劇場
脚本・演出 江頭美智留)
出演:馬場良馬 小野健太郎(Studio Life) クロックガールズ



小野さんおめあてで楽しんできました。馬場君もちょっとうざい弁護士の役を頑張ってました。
見れば見るほどうざくなるんですよね。このまま余計なこと言わなければ終わるのに・・・依頼人の利益を守るとか、関係なく弁護士なのに、何故か判事のようになっているんですよね。でも、うざく感じるというのは演技頑張っているってことかな。

小野君は、ネットで知り合った女性と婚約し、結婚式場やらいろいろ予約したのに、婚約破棄となり訴えている現在はネットとレーダーの若者役。

熱演されていました。

他、裁判としては、ホストにだまされて羊とどっかの国の言葉を覚えるCDをだまされて購入した女性とホスト

お弁当屋さんで買ったお弁当にちくわが入っていなかったという、クレーマー女性とお弁当やさんの裁判。

離婚調停の夫婦(これは、最初から結論がわかるような感じでしたね)

があり、最後にホストとお弁当やさんの裁判のジャッジを客席のお客さんができるという内容で、お客さんたち参加型の舞台でした。

笑えるとの宣伝でしたけど、後半かなりシリアスになっていたようにも思いますね。
裁判の離婚調停の夫婦はいらなかったかなぁぁとも思いました。

いろいろ複線がはられていて、いろいろなところで偶然が重なるんですけどこちらもちょっとくどいかと。

最後のダンスは、客演の方のためにあったのかな??

新しくて面白い舞台でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加