感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

コンフィダント・絆

2007年04月30日 | ミュージカル

4/30 19時~ パルコ劇場
作・演出 三谷幸喜
出演 中井貴一、寺脇康文、相島一之、堀内敬子、生瀬勝久
演奏 荻野清子

このコンフィダントという意味は、画家の近くで精神的などいろいろな面でサポートする人という意味だそうです。

今日はG列だったので、同じ列に役者さんがたくさん!NYに留学していらした方や、今度音次郎に出る役者さんなどが観に来ていらして、休憩後の最初の音楽が、その役者さん(元歌手)のヒット曲でした。

皆さんのアドリブというか、絡みは前回以上に息があっていて、
カンパニーの仲の良さを感じました。
2回目というところで、細かいところに、目がいきました。
食事のシーンで、ラディッシュにバターをつけて食べるところで
スーラが、ゴッホがルイーズにバターをつけてもらった回数を
キャンパスに書きに行くところとか、前回気がつかなかったところ。

ベランダに出たときのゴッホとピアノの方のやりとりとか。。。

2回目だったので、前回より時間があっという間でした。
2度見ているのに、同じところで笑ってしまうってところが
本の良さを感じるところですね

今度、伊東四朗さんの社長放浪記にいけることになったので、
そちらの三谷さんの作品も楽しみです。
もち、今年最後の音二郎が一番の楽しみですけどね
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

雑穀の入った麦ご飯(はくばく)

2007年04月30日 | モラタメ
モラタメさんから届いた雑穀の入った麦ごはんを試してみました。

今日の我が家のメニューはカレーライス
写真のサンプルよりちょっと麦の色が強かったけど、
白いご飯に引けをとらず、美味しかったですね。

家族も、気にせず食べてくれました。
食物繊維も多く入っているようなので、
ごはんでも食物繊維が取れるのが嬉しいですよね

今日は、普通に炊いたご飯に混ぜただけですけど、
オリーブオイルを加えるとそれもおいしいとのこと。
今度は、それを試してみようかなと、思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジキルとハイド

2007年04月29日 | ミュージカル

4/29 13時半~ 日生劇場 千秋楽
出演:鹿賀丈史 マルシア 鈴木蘭々 戸井勝海 浜畑賢吉

丸山博一、宮川浩、大須賀ひでき、荒井洸子、有希九美
阿部よしつぐ、石山毅、岩田元、大江尚穀、岡田誠、小関明久、中西勝之
Akane、秋園美緒、園山晴子、平澤由美、真樹めぐみ

演出 : 山田和也 上演台本・詞 : 高平哲郎


前回観て、凄く良かったので、今回も行ってきました。
これは、モーツアルトなどでもそうですが、アンサンブルの方々のハーモニーがすばらしいんですよね。
深みがあって大好きです。アンサンブルの年齢層が、他に比べてちょっと高いので、阿部さんがとても若く感じるのは私だけではないはず。
今回は、GCで観ていたのですが、演出家や台本の方もこちらで観劇でした。

ジキルとハイドを見事に使い分ける鹿賀さん。これで見納めかと思うと本当に残念でなりません。
髪の毛と、声を一瞬にして切り替えてジキルからハイドへ。
ハイドからジキルへ・・・・
前回は薬を飲む前が凄い!って、思ったのですが、今回もそこもよかったのですが、もっと私の気持ちが入ったのが、お父様との精神病院でのシーン。
なぜジキルが、薬を飲むことになったのか、父への思いなどがとってもとってもよくわかり、涙が出そうでした。

私の母も脳梗塞後そんな状態があったので、それと重なってきました。
マルシアは、そんなに好きな役者さんというわけではないのですが、この役でのマルシアさんは、ジキルへの思いが凄く切なくっていい感じですよね。
マルシアさんも鹿賀さん同様はまり役って感じです。

今日は千秋楽ということで、鹿賀さんから挨拶がありました。
「今回を最後にするということ。この役をバネにこれからももっと
成長していきたい。」って感じの内容でしたが、
あれだけもう、円熟しきっている役者サンなのに、成長していくって
気持ちが、あれだけの役者さんだからこそ出る言葉なのでしょうね。

次の鹿賀さんは、レミのスペシャルバージョンで会えますね。

なんだか、鹿賀さんの話しばかりになってしまいましたが、
ファイナルということで、お許しくださいませ。

他の皆さんとのチームワークもすばらしいからこそ、
この作品が愛されているのだと感じます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極道たちの校歌Ⅱ

2007年04月28日 | ストレートプレイ
一時
4/28 19時~ エコー劇場
飛野悟志 水野直 田代結香 倉田英志 佐藤歩 高橋真心 朝比奈洋一 沼袋高 徳蔵寺崇 市川悦子 藤亀辰也 古田裕平 加藤芳史 織笠裕美 中野一郎 長沢俊太 西村耕之 菅沼萌恵 宮本照美     
GUEST:武智大輔 ジェームスオカダ 古藤一聡
DANCER:CHOCO 山川多恵 小早川泉 舎川恵美 中田有紀 森澤碧音


昼間に青山劇場で子供のミュージカルアニーを見て、その後恵比寿で踊る極道・・・
自分でも頭の中どうなっているの??なんて思いましたが、どちらも、楽しめました。入るときに、もう極道になりきった役者さんたちのお出迎え。
この劇団は初観劇だったので、ドキドキしながら大人しく椅子に座ってまっていると、前説のようにいろいろ会場を暖めてくれるみなさまが、飲み物プレゼントのジャンケンなどもしながら、開演を待ちました。客層は、若い方からお年寄りまでさまざま。狭い劇場なので一体感はとてもありました。
開演は、説明のような感じから自然と入っていくような感じでした。
セーラー服と機関銃のように、組長を亡くしたある組が跡目を決めかねていて、
そこで、その娘が組長になり(ここまでにもいろいろあるんだけど)
その話しと、組の財政難・友達との友情などをからめて話しが進んでいきます。
結構本がしっかりしているので、いくつかの話しが平行してあるのですが、
混乱せず、それぞれわかりやすかったですね。
ところどころ、皆さんが踊ったり、殺陣を見せたり・・・。
所狭しと動き回るのがすごくかっこよかったですね

今回でこのシリーズ最後とのことで、最後でもこのシリーズを目に出来て
私もラッキーだったのかな。
いろいろな劇団があり、それぞれ頑張っている姿に、私も元気が沸いてきました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アニー

2007年04月28日 | ミュージカル
一時
4/28 12時~ 青山劇場
出演:スマイル組
   目黒祐樹・杏子・岩崎良美・本間憲一・太田彩乃・嶋崎伸夫、他


先週に引き続き、今日もアニーを観に行ってきました。
今回はラッキーにも別な組を見られました。
今回のスマイル組は、前回に比べて、大きな子が少なかったような??
モリーとケイトがほぼ同じ身長で、モリーが「小さくてかわいい」って
感じがケイトが同じぐらいの身長でいるせいなのか、小さく感じず、
逆にケイトがモリーと同じなのに、他のお姉さんと同じ事やってて・・・
なんて、見えてしまいました。モリーを小さくてかわいい子とするには、
ケイトとの差をもう少し出したほうがよかったのになぁ
ちょっとそこが、選出のせいだとおもいますが、残念でした。

今日は台詞がとんじゃったり、サンディーが出とちり(っていうのかな?)
などがあったけど、先週よりサブセンターだけど前で観られたので、
話しに入っていけて、アニーが大統領に会いに行くところや、
アニーの両親がみつかり、うれしいけど、ウォーバックスさんと
離れ離れになるところのせつなさでうるうるでした。
杏子さんもなれてきたのか台詞がききとりやすくなったし、
ルースターとリリーの熱々ぶりは少しさめていて、お子様にもOKになったかな。

今年のアニー観劇は今年で終わり。
来年も見られるとうれしいなぁ
コメント (2)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

日経セミナー

2007年04月27日 | イベント関係

4/26 19時半~ 日経ノティオ
「内面を磨けば幸せオーラはついてくる」
講師:渡辺明日香 飯島淳代


サンプル百貨店でおなじみのお二人の講演会でした。
とてもわかりやすく、ライフスタイル幸せな生活を得るための
お話しをしてくれました。
成功した方にはやはりチャンスを掴んでものにしていく
きっかけがあるんですね。
ポジティブシンキングで楽しく生きていったほうが得だから、
私も若く保ちながら、ポジティブシンキングで行こうと強く思いました
(元々そんな感じなんですけど、もう一歩踏み出せたような感じでした)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英検王

2007年04月26日 | モラタメ

モラタメさんのサイトで英検王がDS版もらえます。
DSは、子供も私にもとても扱いやすいゲーム機。
DSを使ってなら、勉強も楽しく出来そうですよね。

楽しみながら苦手意識を持たず、楽しく学ぶには
こういったソフトがいいですね。

ゲーム感覚で自然と身につきそうですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ニチレイ アセロラ早摘みC」

2007年04月24日 | モラタメ
モラタメさんのサイトで今、
「緑のアセロラ」が貰えるプレゼント実施中です。
アセロラはレモンの34倍のビタミンCが入っているですよね。
凄いビタミンCの量!ですね。
ビタミンCは水溶性なので、多めにとっても尿から排泄されてしまうから
多少多くとっても体には害がないし。
シミの防止にもいいですよね。
この緑のアセロラも赤のアセロラと
同じように美味しいのか是非
いただいて(?)試してみたいとおもいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルレーネ・デュマス展

2007年04月23日 | 美術館関係

4・21 東京都近代美術館 

ハウトゥーサクシードの観劇前友達と、この美術展に行ってきました。
絵のタッチは、いわさきちひろさんの感じに似ているんですが
(美術の才能ゼロで、私の感性なのですけど)
描く絵は正反対。

今回は「マルレーネ・デュマス - ブロークン・ホワイト」ということで、
日本の写真家荒木経惟をモチーフにした作品でした。

描かれているみんなの眼が、なんともいえず。。。
引き込まれました

行った日は常設展が入れ替え中でみられなかったので
今日の半券で入れるそうなので、行ってみようかな。

そうそう、ここの天井ってものすごく高くて広くて、
ユニクロのCMってここで撮っているんじゃないの?
って思うぐらい、贅沢な空間ですね。
近代美術を見せるにはこれぐらいの天井や大きさが必要なのかな。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アニー

2007年04月22日 | ミュージカル

4/22 12時~ 青山劇場
出演:トゥモロー組
   目黒祐樹・杏子・岩崎良美・本間憲一・太田彩乃・嶋崎伸夫、他

今年も観て来ましたミュージカルアニー!
本間さんのルースターも4年目になるんですね、月日が経つのって早い。

今年はウォーバックスさんのソロが1曲増えて(外国では既に入っていたそうです)自分のアニーに対する想いなどを歌う歌でした。
切なくていい歌なんですけど、その後にも歌が入るので、
もう少し短くてもいいかな??なんて感じました。

本間さんのシーンは昨年とほぼ同じでした。
お子さん達とちょっとお遊びのように、本間さんが見本を見せて
それをタップキッズにやらせるシーンがあるんですが、
楽しいは楽しいのですが、そういったコーナーより
出来れば本間さんのソロを長く観ていたいっていう気持ちです。

何年か通っているうちに、ホロリとくるシーンも増えて
子供のミュージカルというだけでなく
みんなに愛される舞台だな・・・っと感じました。

来週も行きます!来週は違う組を見る予定です。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加