だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

1945年、若き女医の実話

2017-06-17 21:20:16 | 映画
セスク・ゲイ監督「しあわせな人生の選択」(16)は、スペインのアカデミー賞と言われる、ゴヤ賞5部門を受賞した作品。では、フランスの映画賞は?

1975年に設立された、セザール賞。第42回セザール賞の作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞にノミネートされた作品が、公開されます。

フィリップ・メニヤル原作、アンヌ・フォンテーヌ監督「夜明けの祈り」(16)です。「ココ・アヴァン・シャネル」(09)、「美しい絵の崩壊」(13)…

「ボヴァリー夫人とパン屋」(14)などの脚本、監督を務めたフォンテーヌ監督。いつも女性目線の作品で、観客をドキドキさせてくれます。

第2次世界大戦末期、1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動に従事する、若きフランス人女医マチルド(ルー・ドゥ・ラージュ)は…

忙しい毎日を送っていました。ある日、見知らぬシスターが助けを求めてやって来ます。担当外を理由に一度は断るものの、悲痛な面持ちの…

シスター・マリア(アガタ・ブゼク)に心動かされ、遠く離れた修道院へ行くことに。そこで目にしたのは、ソ連兵によって妊娠させられた7人のシスターたちでした。

かけがいのない命を救う使命感に駆られたマチルドは、数々の困難に直面しながらも、激務の合間を縫って修道院に通うのでした。果たして?

信仰と現実の狭間で苦しむシスターたち。実在した医師マドレーヌ・ポーリアックの実話。共演のシスター・マリアを演じたアガタ・ブゼクと…

修道院長マザー・オレスカを演じたアガタ・クレシャは、ポーランド出身の女優。戦争の陰に隠れたこうした悲劇は、まだまだあるんでしょうね。見ます。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マクドナルド帝国を作った男 | トップ | 豪華なベテラン脇役で、ダイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。