だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

覚醒する、リー・ペイス

2017-06-13 21:59:23 | 映画
リー・ペイスは、お気に入りの俳優。ターセム監督「落下の王国」(06)に主演し、公開された2008年(9月)のマイベストワンでした。

この作品で演じた映画スタントマン、ロイ・ウォーカーと劇中劇の黒山賊は、彼にぴったり。世界24ヵ国以上でロケし、美しい世界遺産もたくさん登場。

もし、未見でしたら絶対お勧め!その後、ABCのTVシリーズ「プッシング・デイジー」(07~09)に2シーズン主演。他に「トワイライト・サーガ/

ブレイキング・ドーン PART2」(12)のギャレット、「ホビット 竜に奪われた王国」(13)と「決戦のゆくえ」(14)のスランドゥイルと相変わらず美しい…。

スティーヴン・フリアーズ監督「疑惑のチャンピオン」(15)にも出ていますが、彼、普通の役(?)だと美しさが半減。オールバックの黒山賊や…

長髪のスランドゥイルのような役は、美し過ぎます。そんなペイスの最新作は、なんとSFアクション!南アフリカで製作された、ジョー・ミアーレ監督…

リヴォルト」(17)です。長編初監督作品。男(リー・ペイス)が目を覚ますと、そこは留置所の中。しかも記憶を失くし、自分が誰なのか、何が起きているのか?

外から聞こえてくるのは、銃声と爆音。隣の房の女(ベレニス・マルロー)から、地球が何者かに侵略されたことを知らされます。やがて自分が米軍兵士だったことが判明。

なんとか檻の外に出た男は、見たこともない巨大ロボットの大群が、人々を虐殺する光景を目撃するのでした。そして医者だと名乗る女と…

決死の逃避行を開始!果たして?南アフリカと言えば、ニール・ブロムカンプ監督「第9地区」(09)。予告編はワクワクものです。見なくっちゃ!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミスコン女王、トリシャの場合 | トップ | ミニオンよりもバルタザール! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。