だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

NASAの黒人女性たち

2017-08-13 21:51:24 | 映画
今年2月、第89回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞の4部門にノミネートされ、ヴィオラ・デイヴィスが…

助演女優賞を受賞した、デンゼル・ワシントン監督「フェンス」(16)が劇場公開されず、ビデオスルーになった時は本当に驚きました。

今の日本の映画業界では、観客が望めないから?映画好きは心待ちにしていたのに。同時に公開が心配された作品が、もう1本ありました。

作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門にノミネートされた、セオドア・メルフィ監督「ドリーム」(16)です。メルフィ監督は…

「ヴィンセントが教えてくれたこと」(14)に続く2作目で脚本も担当。1961年、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていた…

アメリカは、有人宇宙飛行計画に乗り出します。ヴァージニア州ハンプトンのNASAラングレー研究所。西計算グループでは…

優秀な黒人女性が計算手として働いていました。幼い頃から数学の天才少女と呼ばれていたキャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、

リーダー格のドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、エンジニアを志すメアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。

それぞれ家庭を持つ3人は、偏見や差別と戦いながら、宇宙飛行士ジョン・グレンの地球周回軌道飛行を成功させるため奔走するのです。

共演はケヴィン・コスナー、キルステン・ダンスト、ジム・パーソンズ、マハーシャラ・アリ。美しく聡明な彼女たちをぜひ応援しましょう!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スナイパー vs スナイパー | トップ | 高級クラシックカーにクラクラ~ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
邦題で一悶着… (K2)
2017-08-14 01:02:54
linlilinさま、こんばんは!

linlilinさまがこの作品を御紹介下さる事(=日本公開)、嬉しい限りです。
最初の邦題に付いていた”~私達のアポロ計画”は『事実と違うじゃん!(怒)』と、苦情が殺到して、無くなった模様ですが…(笑)
ジョン・グレン、<ライトスタッフ>ではエド・ハリスでしたね?
あんなに素敵なイエ-ガ-役を演じていたサム・シェパードが亡くなってしまったのが残念ですね(涙)
いつも教えて頂き、感謝してます。 (linlilin)
2017-08-14 20:34:55
K2さま、コメントありがとうございます。「ドリーム」は、女性たちのファッションに見とれてしまいました。みんなステキ!ヘアもワンピもアクセも。大変な時代だったと思いますが、彼女たちの活躍をぜひ見ましょう。それとケヴィン・コスナー、大ファンなので。
サム・シェパード、本当に残念です。ALSだったのですね。「ライトスタッフ」見直します。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。