だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

ロシア発、SF超大作!

2017-07-11 21:39:46 | 映画
ソ連時代の巨匠、セルゲイ・ボンダルチュク。聞いたことがあるでしょうか?俳優、脚本家でもありますが、監督作品には「人間の運命」(59)、

「戦争と平和」(65~67)、「ワーテルロー」(69)、「祖国のために」(75)などがあります。中でも、リュドミラ・サベリーエワ主演「戦争と平和」が有名。

その息子が、フョードル・ボンダルチュク。「アトラクション 制圧」(17)の予告編を見て、同じ姓なので気付きました。といっても初めまして…ですが。

彼も俳優、プロデューサー、監督です。日本で公開された監督、出演作品には、「プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星」(08)があります。

「スターリングラード 史上最大の市街戦」(14未)に続く最新作は、SFです!<カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017>での上映。

ロシアの首都モスクワ。ある日、それは突然やって来ました。巨大な宇宙母船が墜落したのです。それは圧倒的な大きさで、モスクワの街をなぎ倒し…

多くの死傷者が出ます、ロシア政府は、即座に戒厳令を発令。一方、軍司令官の娘ユリア(イリーナ・ストラシェンバウム)は、宇宙船と共にやって来た…

異星人の1人、科学技術者のヘイコンと知り合うのです。自分の惑星に戻るため、必要なデバイス<シルク>を探すヘイコンに、協力するユリア。

果たして?本作は、「第9地区」(09)や「エリジウム」(13)に参加したスタッフが、VFXを手掛けていることが話題。しかも製作予算1500万ドル!

さらに共演者に、オレグ・メンシコフが。「太陽に灼かれて」(94)や「シベリアの理髪師」(99)などに出演。大好きな俳優です。お久しぶり!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 21世紀版ハイジ | トップ | 人類の未来を賭けた実験とは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。