だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

実の父親とゲイの父親と、娘のお話

2017-07-17 21:33:24 | 映画
エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督「最強のふたり」(11)で、スラム街に暮らす黒人青年が大富豪の介護人となり、やがて固い絆で結ばれていく…

青年ドリスを演じた、オマール・シー。国内観客動員数の歴代2位の大ヒットを記録し、第24回東京国際映画祭の最優秀男優賞や第37回セザール賞…

主演男優賞などを受賞。ジャン=ピエール・ジュネ監督「ミックマック」(09)で、言語オタクのレミントン役で日本初登場の彼は、「最強のふたり」で…

すっかり人気者に。知らない人はいないかも。その後は、ミシェル・ゴンドリー監督「ムード・インディゴ うたかたの日々」(13)、ブライアン・シンガー監督…

「X-MEN:フューチャー&パスト」(14)、再びトレダノ&ナカシュ監督「サンバ」(14)、コリン・トレヴォロウ監督「ジュラシック・ワールド」(15)、

ジョン・ウェルズ監督「二ツ星の料理人」(15)、ロシュディ・ゼム監督「ショコラ」(15)、ロン・ハワード監督「インフェルノ」(16)と、出演作も話題作で好評。

1978年1月20日生まれの39歳。コメディアンで俳優の彼の最新作は、第2の代表作となりそうな、ユーゴ・ジェラン監督「あしたは最高のはじまり」(16)。

南仏コートダジュール。プレイボーイのサミュエル(オマール・シー)の元に、クリスティン(クレマンス・ポエジー)という女性が、突然、赤ん坊を抱いて現れます。

『あなたの娘グロリアよ』と言って置き去りに。彼女を追ってロンドンへ向かったサミュエルは、財布を落として困っているところをゲイのTVプロデューサー…

ベルニー(アントワーヌ・ベルトラン)に救われます。8年後、幸せに暮らす3人の前に、突然、クリスティンが現れ…。果たして?見なくっちゃ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランスフォーマーもホント... | トップ | デンマークの孤児たちに起き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。