だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

豪華なベテラン脇役で、ダイバージェントFINAL

2017-06-18 21:49:30 | 映画
ニューヨーク出身の作家、ヴェロニカ・ロス。2011年に出版された、SFヤングアダルト小説『ダイバージェント 異端者』が、ベストセラーになります。

デビュー作はさっそく映画化。ニール・バーガー監督「ダイバージェント」(14)です。文明崩壊後のシカゴ。性格ごとに人類を5つの共同体に分類。

勇敢、高潔、平和、無欲、博学の5つ。16歳になると<選択の儀式>と呼ばれる性格診断テストを受けますが、そのどこにも該当しない者は…

異端者=ダイバージェントと呼ばれ、危険分子として抹殺される運命。ベアトリス(シェイリーン・ウッドリー)は、検査官トーリ(マギー・Q)によって…

救われトリスと改名し、生き延びます。『ダイバージェント2 叛乱者』を原作とした、2作目がロベルト・シュヴェンケ監督「ダイバージェントNEO」(15)。

トリスは、恋人フォー(テオ・ジェームズ)と、どの共同体にも属さない集団、無派閥と合流します。リーダーは、死んだはずのフォーの母親イブリン(ナオミ・ワッツ)。

一方、ある箱の解明に取り組む<博学>の指導者ジェニーン(ケイト・ウィンスレット)。その封印を解くことができるのは、ダイバージェントだけ。

そして『ダイバージェント3 忠誠者』を原作にした最新作が、いよいよ公開されます。ロベルト・シュヴェンケ監督「ダイバージェントFINAL」(16)です。

5つの派閥によって管理された社会が、クーデターによって崩壊します。巨大なフェンスとゲートによって閉鎖されたシカゴ。トリスは、仲間と共に…

外の世界へ脱出しようと決意します。果たして?ジェフ・ダニエルズ、マイルズ・テラー、レイ・スティーヴンソン、オクタヴィア・スペンサー共演。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1945年、若き女医の実話 | トップ | スイス国境を目指す子供たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。