中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

金融機関が経営支援サービスに取り組む上での課題とは??

2017年03月08日 04時32分41秒 | 中小企業白書(2016年版)
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は中小企業白書(2016年版)374ページ「第 2-5-87 図 経営支援サービスの取組により金融機関が得られた効果」をみましたが、今日は376ページ「第 2-5-89 図 企業が考える経営支援サービスを受ける上での阻害要因」をみます。

下図から経営支援サービスに取り組む上での課題について、企業側の視点、金融機関側の双方の視点から見ていくと、まず、企業側の視点から見ると、「金融機関の担当者等の頻繁な交代」、「金融機関の担当者の企業や業界に対する知識不足」と回答する企業の割合が高くなっていることが分かります。

この結果について白書は、知識不足に関する点は、金融機関からの視点と整合的であるが、担当者の頻繁な交代については、金融機関の視点では高い項目ではない。

回答の中に、担当者の交代、知識不足に加え、「金融機関の都合を優先した経営支援セールス」があります。

金融機関は公益ではないので、セールスに注力することも分かりますが、信頼が第一であることが中小企業の求めるサービスなんですよね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金融機関を軸に好循環を形成... | トップ | 政府系金融機関は担当先の多... »
最近の画像もっと見る

中小企業白書(2016年版)」カテゴリの最新記事