中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

小売業、サービス業は輸出が行われていない。。。

2016年10月19日 04時33分27秒 | 中小企業白書(2016年版)
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は中小企業白書(2016年版)172ページ「第 2-3-11 図 規模別に見た輸出企業数と輸出額(製造業)」をみましたが、今日は173ページ「第 2-3-12 図 規模別・業種別に見た直接輸出・間接輸出企業の割合(2015 年)」をみます。

下図から、直接輸出・間接輸出企業の割合を規模別・業種別に見ると、製造業、卸売業における大企業・中小企業の直接輸出・間接輸出企業の割合が比較的高い一方で、小売業、サービス業については、企業規模を問わずほとんど輸出が行われていないことが分かります。

レストラン、パン屋、さらにはホテル等、東京で人気があるお店は海外から輸入された小売業やサービス業が多いので、日本食や旅館のおもてなしが輸出される時代が近い将来来るようなきがしますね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1社当たりの輸出額は極めて小... | トップ | 小売業、サービス業が直接投... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む