中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

同一職種同一賃金の波が・・・

2013年10月16日 04時59分44秒 | 2013ものづくり白書を読む!
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は2013年度ものづくり白書 200ページの「若年技能系社員の育成・能力開発」をみましたが、今日は202ページの「非正規雇用の技能者の活用状況」をみます。

白書によると、中小企業は大企業に比べて、直接雇用非正社員のみいる割合が高く、大企業は中小企業に比べて、パート・契約社員等と非直接雇用非正社員のいずれもいる割合が高いとのことです。

これを踏まえ、(独)労働政策研究・研修機構「「全員参加型社会」の実現に向けた技能者の確保と育成に関する調査(2012年)」による「非正規雇用の技能者に対する仕事の割り振り」をみると、パート・契約社員等については、大企業、中小企業ともに「補助的ではないが、決まった範囲の仕事を割り振る」、「当面の業務の必要性に応じて様々な仕事を割り振る」ことが多く、「育成のため積極的に高度な仕事を割り振る」は少ないことが分かります。

また、派遣等についても同様の傾向がありますが、とりわけ、パート・契約社員等の方が「育成のため積極的に高度な仕事を割り振る」割合が高い傾向があることが分かります。

大企業、中小企業ともにパート・契約社員等を積極的に活用したいとする企業が多い一方、派遣等については、中小企業は約4割、大企業では6割弱が積極的に活用したいとしています。

雇用形態で賃金に差をつけたまま非正社員を積極的に活用していくのは企業側のエゴであり、同一職種同一賃金の流れはグローバルに国内へ波及していくと考えた方が良さそうですね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いかにして馬に水を飲ませる... | トップ | 人材教育は社長自身がやらね... »
最近の画像もっと見る

2013ものづくり白書を読む!」カテゴリの最新記事