中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

小規模企業の従業者は155万人減少している!

2017年05月12日 04時59分21秒 | 2017年版「中小企業白書」
zおはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は2017年版「中小企業白書」28ページ「第1-2-5図 企業規模別従業者数の変化(2009年~2014年)」をみましたが、今日は30ページ「第1-2-7図 企業規模別1者あたり従業者数の変化(2009年~2014年)」をみます。

下図から2009 年から 2014 年にかけて企業 1 者当たりの従業者数がどのように変化したのか確認すると、大企業については、企業数、従業者数共に減少したものの、企業数の減少幅が従業者数の減少幅よりも大きかったため、1 者当たりの従業者数は 3.8%の増加となっています。

中規模企業については、企業数、従業者数ともに増加しており、従業者数の増加幅が企業数の増加幅よりも大きかったため、1 者当たりの従業者数は 5.8%の増加となっています。

小規模企業については、企業数、従業者数共に減少しており、従業者数の減少幅が企業数の減少幅よりも少し大きかったため、1 者当たりの従業者数は0.9%の減少となっていることが分かります。

この結果について白書は、小規模企業の企業数、従業者数が減少する中で、中規模企業の企業数、従業者数は増加しており、大企業と中規模企業については、1 者当たりの従業者数が増加していることから、企業数が減少する中で、規模が比較的大きな企業が従業者を増加させており、従業者数全体はあまり減少していないことが分かる、とあります。

小規模企業の従業者は155万人減少しているが、中規模企業がその雇用を吸収しているということですね。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 従業者数全体の変化見ると・・・ | トップ | 開業は上がり、廃業は減って... »
最近の画像もっと見る

2017年版「中小企業白書」」カテゴリの最新記事