中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

どのように販路開拓していますか?

2017年08月13日 04時57分40秒 | 2017年版「中小企業白書」
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は2017年版「中小企業白書」205ページ「第2-1-60図 高成長型企業の、成長段階ごとの販路開拓における課題」をみましたが、今日は206ページ「第2-1-61図 高成長型企業における成長段階ごとの販路開拓の取組」をみます。

下図から高成長型企業が各成長段階で取り組んだ販路開拓の方法について見ると、創業時は「友人・知人・取引先等からの紹介」の割合が高くなっていることが分かります。

また、成長初期、安定・拡大期と成長段階が進んでいくにつれて、「インターネット、新聞、テレビ等による周知・広報」、「ソーシャル・ネットワーキング・サービスによる周知・広報」をはじめとした取組の割合が高まっていることが分かります。

白書は、このことから、高成長型の企業は、起業して間もない頃は友人や知人といった身近なつてを辿ることで顧客を獲得しているが、成長していくにつれて、新規顧客を獲得するために、インターネット、新聞、テレビ等のメディアを活用した販路開拓をメインで行い、そのほかにも Twitter、Facebook といったソーシャル・ネットワーキング・サービスを活用するなど、販路開拓の方法を変化させていることが考えられる、とあります。

創業当初、私は、飛び込み営業を行いましたが、その釣果の無さにあきれてしまい、それ以降、販路開拓方法は「知人・取引先等からの紹介」に頼っています。

売上を増やすために何をしたら良いか・・・?と悩んだら、これらの項目の中で明らかに弱い部分を補強しながら、実績のある強い部分を強化するのが良いのでしょうね!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 販路開拓の課題は何ですか?? | トップ | 支援施策を活用していますか?? »
最近の画像もっと見る

2017年版「中小企業白書」」カテゴリの最新記事