中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

2代目の経営者はしんどい!?

2017年04月06日 05時32分17秒 | 中小企業白書(2016年版)
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は中小企業白書(2016年版)415ページ「コラム2-6-1 経営者の在任期間及び代数と成長段階との関係」をみましたが、今日は417ページ「コラム 2-6-1 ③図 経営者の代数と成長段階との関係」をみます。

下図から経営者の代数と成長段階の関係を見ると、経営者の代数で最も多いのは 2 代目であることが分かります。

成長段階との関係を見ると、成長段階にある企業は、創業者である傾向が強く、創業者から代数を重ねるに従い、成熟企業や衰退企業が増加していくことが分かります。

この結果について白書は、コラム2-6-1③図からは、経営者の代数が上がっていくにつれ、成長段階にある企業が減少していく傾向にあることが示された。

経営者の代数が上がるにつれ、市場の成熟等から、自社の企業が成熟段階若しくは衰退段階と回答する割合が高くなっていると推察される。

企業が持続的に成長していくためには、適切なタイミングで新陳代謝が行われると同時に、自社の市場環境の変化に応じて、自社の収益の柱を見直していくことが必要であることも考えられる、とあります。

いろいろな選択肢がある中で、二代目を選択した経営者を尊敬しますが、経営環境の変化を常にチャンスとして捉えろということですね。大変なことですよね~!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経営者は然るべきタイミング... | トップ | 20年後には約半数の企業が退... »
最近の画像もっと見る

中小企業白書(2016年版)」カテゴリの最新記事