中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

1社当たりの輸出額は極めて小さい!!

2016年10月18日 04時08分09秒 | 中小企業白書(2016年版)
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は中小企業白書(2016年版)170ページ「第 2-3-9 図 業種別に見た直接輸出企業数の推移(中小製造業)」をみましたが、今日は172ページ「第 2-3-11 図 規模別に見た輸出企業数と輸出額(製造業)」をみます。

下図から、年間の輸出企業数と輸出額を大企業と中小企業での比較を見ると、輸出企業数については、我が国の輸出企業7,225社のうち約9割の6,397社が中小企業であるのに対し、輸出額については、我が国の年間輸出額56.80兆円のうち中小企業が占める割合は3.38兆円と僅か1割弱であることが分かります。

この結果について白書は、このことからも、中小企業は大企業に比べて、1社当たりの輸出額が極めて小さいことが分かる、とあります。

では、中小製造業以外の輸出の動向についてはどうなのでしょうか?明日、見ていきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 従業員規模が大きい企業ほど... | トップ | 小売業、サービス業は輸出が... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む