中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

良いものと売れるもののバランス

2013年02月08日 06時36分31秒 | 2012食料・農業・農村白書を読む!
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は「エコファーマーの認定」をみましたが、今日は「有機農業の推進」をみます。

化学的に合成された肥料及び農薬を使用せず、遺伝子組換え技術を利用しないことを基本とする有機農産物のJAS格付数量は、平成13年度は3万3千トンでしたが、平成22年度には5万6千トンへと拡大しています。

拡大はしているものの、有機JASの認定を受けたほ場は田3,214ha、畑6,169haで耕地面積全体のわずか0.2%にとどまるとのことです。

消費者の安心・安全というニーズを理解しながらも有機農法が全体のわずかであるのは、価格志向を求める消費者の方が圧倒的に多いということなのでしょうか。

良いものと売れるもの、両者のバランスの難しさを感じますね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この記事をはてなブックマークに追加