中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

拡大する1 戸当たりの経営耕地面積

2013年02月04日 05時16分11秒 | 2012食料・農業・農村白書を読む!
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は「耕作放棄地面積の推移」をみましたが、今日は「経営耕地面積の推移」をみます。

販売農家1戸当たり経営耕地面積 は、平成23年には全国2.02ha、北海道22.01ha、都府県1.46ha となり、平成20(2008)年に比べてそれぞれ0.15ha(8%)、1.91ha(10%)、0.08ha(6%)増加しています。

この動きについて再生基本方針は、「今後5年間に高齢化等で大量の農業者が急速にリタイアするこ
とが見込まれる中、徹底的な話し合いを通じた合意形成により実質的な規模拡大を図り、平地で20~ 30ha、中山間地域で10~ 20haの規模の経営体が大宗を占める構造を目指す」としています。

従来型の農業スタイルから経営革新するためには規模拡大が不可欠ということなのでしょうね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この記事をはてなブックマークに追加