フランス語習慣

仏検1級合格者によるフランスとフランス語のおいしい話。語学とフレンチに舌鼓。(Opera 推薦)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二次試験対策(5)

2007-07-03 23:01:36 | 仏検1級


ちいたさんが自身のブログの中で、仏検1級の二次試験に出題されそうなトピックを挙げています。ぼくも、昨年合格する前に、自分なりに予想をしてみました。試験対策としては「山を張らない」のが合格の鉄則ですが、二次試験に関しては、自分で課題を設定して訓練をしておくことが大切です。なお、直前の一週間はそういう「悪あがき」はしないほうが賢明。

ぼくが今年の受験者なら事前に押さえておきたいと思うトピックは次の通り

(1) 環境問題
(2) 敵対的買収
(3) 出生率の低下
(4) 天下り
(5) 年金問題
(6) 民営化
(7) 凶悪犯罪の若年化
(8) 捕鯨
(9) バイオ燃料
(10) 中国の台頭

一度にすべてを説明するわけにはいかないので、少しずつ見ていくと、

(1) 環境問題
アル・ゴア元副大統領の「不都合な真実」(An inconvenient truth, Une vérité qui dérange) で話題沸騰となった環境問題。特に、地球温暖化 (Réchauffement climatique) に関しては用語を押さえて、自分の考えをまとめておきたいところです。

もし、環境問題に関して問題が出題されるとしたら、次のような形式でしょうか。

L'ancien vice-président des États-Unis d'Amérique, Monsieur Al Gore, mène une campagne de sensibilisation sur le réchauffement planétaire. Que pensez-vous du réchauffement climatique ?

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Antonio Maurizi | TOP | 二次試験対策(6) »

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちいた)
2007-07-05 18:00:37
このあたりも、確かに出そうですね!
そういえば、捕鯨と死刑の問題は日本国内よりもフランスのメディアの方が関心が高いような気がします。
フランス語で日本のニュースを探すと、意外とこの2つがひっかかりやすいので。
あと一週間 (linguist_2005)
2007-07-07 14:40:24
ちいたさん、コメントありがとうございます。確かに、死刑の問題はかつて出題されたこともありますね。

また、アップしましたのでご覧ください。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics