ライラックのように....

ブログや本やテレビで出会ったものの備忘録

NHKあさいち  低糖質スイーツ

2016年10月12日 | 健康
10/11 08:20
NHK総合 【あさイチ】
人気!低糖質スイーツ

有名パティシエが作ったものとスーパーで買ったもの。

パティシエ・辻口博啓のところでは低糖質スイーツの値段は据え置いている。
北里大学北里研究所病院糖尿病センター長・山田悟は緩やかな糖質制限を提唱。

ポイントは「3食きちんと食べる」「一日の糖質量は130g以内」「間食は糖質10g以下」。
朝・昼・晩のごはんの糖質を20~40gに抑えれば糖質130g/1日になる。

城之内早苗、水道橋博士のスタジオコメント。
秋田、米良美一、たんぱく質、NHKスペシャルに言及。


ポイントだけ尚で後で詳細を調べて記録すること


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

砂糖や小麦に含まれる糖質を低く抑えながらも、一般のものとおいしさは変わらない低糖質スイーツが続々登場しています。

スーパーなどで手軽に買えるシュークリームやエクレアや、スイーツ専門店のパティシエが作る低糖質のケーキなどをご紹介しました。

糖質とは、糖類だけでなく、炭水化物に多く含まれ、体内で血糖値を上げる作用があります。
この糖質を、低く抑えた食品を「低糖質」と分類しています。

例えば、一般的に、ごはん一膳(150グラム)で約55グラムの糖質
、ショートケーキ一個(100グラム)で約44グラムの糖質が含まれているとされますが(日本食品標準成分表2015年版(七訂))
、番組でご紹介した低糖質スイーツは、一食10グラム以下を目安にしています。
この目安は、北里大学北里研究所病院の糖尿病センター長・山田悟医師が
推奨している「緩やかな糖質制限」における、間食する際の糖質の目安量です。



前出の山田悟医師が提唱している食事法です。
一日3食きちんと食べて、それぞれの食事の糖質を20~40グラム
、間食(1回)を10グラム以下とし、
トータルで130グラム以内に抑えることを推奨しています。

糖質が多く含まれる主食を少なくする分、
おかずで野菜や肉魚をしっかり食べて、不足する食物繊維やタンパク質を補うことが重要だとしています。
ただし、糖尿病などの持病のある方は、主治医にご相談の上、実施してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瀬戸内寂聴さんの言葉  (メ... | トップ | 日経夕刊の「親和力」より---... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。