ライラックのように....

ブログや本やテレビで出会ったものの備忘録

如才なき人

2017年05月11日 | 言葉の花束


手落ち・手抜かりがなく、我が身を慎むことです。



また、人や物事に対しても気が利き、愛想が良いことでもあります。



如才なく努めていく人は、気配りをしたり、
人の立場に立って物事を判断していく力も身に付けています。



また、直面してくる物事から逃げることなく、自分以外のことでも苦労を厭わず取り組んでいきますから、解決力も身に付けています。



そのような人は、あらゆる問題に対して無責任なことはしません。



やはり、如才なくつとめていく人というのは、
難儀・苦労を厭わず行じるもので、苦労なくして気配り・心配りなど
身に付けることは出来ないのだと思います。



人のことでも苦労を苦労だと思わず、自然と行じていける人が、本当の「如才なき人」でしょうし、世間でも大事にされます。



そんな「如才なき人」になれるよう、人の為に苦労出来る生き方に変えていきたいものです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪ノ下の効能 | トップ | アルベロベッロのお店 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

言葉の花束」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。