横須賀Life

横須賀大好き、少しでも伝えられたら嬉しいな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

横須賀から世界へ、海の防災最前線 後編

2006-12-06 22:30:49 | 横須賀の見所
前回の前編に続いて、後編をお送りします。

  やはり目玉は津波見学だったのですが、
     他にも様々な施設が見学できました。


   干潟の実験施設
   観測ブイの実験施設
   関西空港実験施設
   X線CT実験施設
   構造実験施設

      などなど、他にもかなりの施設が公開されてました。


    まさかこんな施設が横須賀にあったとは、
             それが自分の感想ですね。





  で、一番興味がそそられたのはなにかと申しますと、
       油回収機の水槽実験ですね。



   少し話を聞いてきたのですが、
     日本には油の回収する船、
      あまり最新の物はないらしいんです、
        
       その為、昔ながらのやり方で今でも一般的みたいです。



            
    
      船から、左側のリモコンボートみたいなのを
            操作して、海上に浮かんだ油を囲い込んでいきます。



   
   

      実際に波を起こして実験してくれました。 





 テレビなどで見る油の回収模様、
   陸地に近いところばかりしか見ませんよね?
    (ま、なにもない海では船同士がぶつかる事も少ないとは思いますが) 

    油は海に漂ってるうちはまだいいんですが、
      砂浜などに来てしまうと回収が困難になるらしい。
       (当たり前な事ですが、くっ付くと落ちづらいですよね)


     だから浅瀬など、
       陸地に近いところで油が漏れると問題になるのですが、


  ではなにもない大海原で油が漏れたら回収するか?
      じつは大抵そのままらしいんです。


   油は海の中のプランクトンによって分解されるんです、
      もちろん長い年月が必要でしょうが、

    すごくないですか?

      油さえも浄化しちゃうんですよ、
       ちょっと嬉しくなってしまいました。

                  海の力は偉大ですね。


   
    
    
          
      

 他にはですね、
   遠隔操作の出来る重機のデモンストレーションなんかもありましたね。

 



 
  
  機械たちもなんだか見てると可愛く見えてきて、

   


  今にも動き出して、話でもしそうじゃないですか?
 
 

    






  結構面白い施設がいっぱいでした、
     学校で見学に来た子達も楽しめたのではないでしょうか?

 
 


      たまにはこういう施設を見学するのもいいですね、  
           またなんか見つけたら行ってきます~







         ちなみに余談ですが、  
           海の油の浄化の話を聞いて、
  
            「ナウシカ」の腐海を思い出しました。
              (分かる人にはわかるネタですよね?)
          
 

           

   ブログランキングに参加しています、
       応援クリックよろしくお願いしますブログランキングに投票                
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横須賀から世界へ、海の防災... | トップ | 横浜から福岡へ、活躍を願っ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
腐海ならぬ油海ですかね (あお空)
2006-12-07 01:11:10
 津波実験とか、油回収実験とか、実際に見ると勉強にもなりますし、面白いですよね。

 わたしも国の施設である北海道土木試験所(いまは北海道開発土木センターとかいいます)の一般公開に行って、模型による水害の発生メカニズム実験(これがメインでした)というのを見ました。

 模型といっても体育館くらいの大きさの中に水路がつくられているもので、すごい迫力でしたよ。
ご訪問ありがとうございます。 (artymama)
2006-12-07 06:59:39
柊さま
わざわざご訪問とコメントまで頂きまして、
本当にありがとうございました。

お言葉のようにネットのお陰で、とても
便利になりましたね。
とても有難いことだと思っております。

こちらの記事の油回収の様子なども、
はじめて拝見しました。
とても貴重なお写真だと思いますよ。

「腐海」ナウシカはいい映画ですね♪

また、お邪魔させていただきます。
取り急ぎお礼にお伺いしました。
行ってみたいです (TETSU)
2006-12-07 16:12:17
面白そうですね。行ってみたいです。
私が行っても、へぇ~、ほぉ~と勉強になることが多そうです。
油が分解されるとは思いませんでした。自然の力はすごいですね!
自然のチカラ (パベル)
2006-12-07 19:58:35
油まで分解してしまう自然の力ってすごいですね~
その自浄作用もやはり限界があります
やっぱりその様な事故が起きないように人間がしっかりしていかなければ
あ、後バクテリアの一種で超高温でも生存できる種がいるらしいです←うるおぼえですが・・
あお空さんへ ()
2006-12-08 00:14:18
どこの施設も大きな建物が主なんですが、
そのいくつかかは、
なかに大きな実験施設になってて、
めったに見れないものに興味が沸きます。

意外と面白いですね。
artymamaさんへ ()
2006-12-08 00:16:59
たびたびコメントありがとうございます。
最近コメント行くの遅れがちなんですが、
やはり初めてコメントくれた方のところには
行っておきたいので、
ついすぐ見に行ってしまいましたよ。

また興味を持ってもらえるような記事
書いていけるように頑張ります!
TETSUさんへ ()
2006-12-08 00:19:04
なかなかこういうイベントは、
休みや時間が合わないと参加できませんから、
今回はラッキーでしたよ、
まずお目にかかれないものなので、
見たら感心してしまうと思いますよ。
パベルさんへ ()
2006-12-08 00:22:51
たしかにバクテリアはすごいですが、
まずはそういった事態にならないように、
気を付けていく事が大切ですね。

馬堀あたりで海を眺めていると、
様々な船が通ってるじゃないですか、
今でこそ第三海保をあそこまで崩してますが、
船同士の事故、
よくここまで少なく保ってますよね。
(もちろんなくはないのですが)
あれ~? (よこすかよいとこ)
2006-12-08 20:46:08
ここは港空研ではないですかぁ~!私も行きましたよ~
とても大きなカメラを持ったイケメンの方とすれ違いましたが、もしかして
柊さんだったのかも…

私はここで働いていたことがありまして、久しぶりの訪問となりました。
2つに分かれ、建物は結構変わってしまいましたが、雰囲気は昔と
変わらずで懐かしい思いにひたっておりました

一般公開は年2回あるので、また来年夏に行ってみたいと思います。

よこすかよいとこさんへ ()
2006-12-09 15:19:07
なんと港空研で働いた事があるなんて、
すごいとこで仕事してたんですね、
見所いっぱいでかなり楽しめましたよ。

すれ違ったカメラを持った方、
イケメンなら間違いなく違います、
自分は、
人の良さげな詐欺師みたいな顔ですから。

でも見学者の中で
存在、かなり浮いていたような気はします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL