紺青小鉢

ミニマムな和の空間で、日本の伝統文化を再発見

秋晴れ古本日和!?

2016年11月04日 | Weblog
靖国通りにずらりと並ぶ青空古本市。店先のワゴンに積まれた本の山。今年で57回目を迎える神田古本まつりに行ってきました。この青空古本市が超楽しみ。
神保町の古書店街というと、腕組みした偏屈なオヤジが居座ってちと入りにくい...(あくまでも)イメージですが、古本まつり期間中には店先でワゴン販売をしていまして、品揃えが気に入りましたらどうぞお店もご覧ください〜と気軽に古書店めぐりができます。ワゴンの本をひとつひとつチェック。心に何か引っかかったら手に取って値段もチェック!!
江戸の奉公人を描いた江戸店犯科帳、東京の生活地図(1970年代)、あんぽん丹(十返舎一九作)、牧野富太郎著 植物記・続植物記の5冊をゲット。あんぽん丹は大正6年の本、これぞ古書という感じがします。牧野富太郎の植物記は昭和26年に櫻井書店が発行したものですが、中に野草の押花がいくつか挟み込まれていてビックリ。これ付録なんでしょうかね...それとも本の所有者が自分で集めたものなのか、今となってはわかりません。
まるで宝探しのような古書店街めぐり。気がついたら夕方ですよ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴッホとゴーギャン展 | トップ | 晩秋の新宿御苑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。