紺青小鉢

ミニマムな和の空間で、日本の伝統文化を再発見

「バベルの塔」展

2017年04月25日 | 美術館・博物館
ブリューゲルの最高傑作「バベルの塔」が東京都美術館に!! 去年からずっと楽しみにしてました...今週末からあのGWも始まるので、大混雑する前に行かないとゆっくり見られませんし。と言いつつも、実は先週の開催初日に鑑賞済みでして。きょうで2回目の「バベルの塔」展。
14世紀末から16世紀末のネーデルラント(現在のベルギーとオランダに相当)は、油彩画誕生の地なんですが...なぜか彫刻から展示は始まります。しかしここにある彫像は彫りがリアル、それに彩色が残っているものもあります。始まりから心をつかむ展示構成。お次は宗教画や風景画、肖像画など。どれも色彩が鮮やかで服飾の表現が細かい。おまけに傷みやすくて貴重な作品ばかりなんでしょうね...ここのフロアは照明かなり暗いのでご注意を。
この展覧会の裏ドラ的な存在のヒエロニムス・ボス。油彩画2点は初来日です。卑猥な格好のモンスター大集合!? 幻想的な世界観に心惹かれるボスの版画ですが、そのほとんどがボスの模倣で作者不詳。グロで気色悪くて(同じ意味か)キモカワイイ。それらモンスターを単眼鏡で探す楽しみ。細かいとこまで見えてしまうと思わずニヤけ顔。
ピーテル・ブリューゲルも版画から始まりますが、こちらもボスチックなモンスターだらけ。ここまで描き込まれているとだんだん目がパチクリしてきます。まあ面白いから良いんですけど。
エスカレーターを上がってブリューゲルの最高傑作「バベルの塔」が展示してあるフロアへ。螺旋状の外廊が大きく描かれた間仕切りが高揚感を増します。漆喰やレンガを釣り上げる建築現場など、細部の説明パネルを見ながらいよいよ「バベルの塔」の前に立ちます。
重厚感のある佇まい。低層部のレンガの古さに比べて、上層部は赤々としたレンガが目立つ外観。建設に携わる作業者の姿はあまりにも小さく、どのように描いたのか疑問が湧きます。漆喰を釣り上げる作業員は、なぜか全身真っ白な姿。一方レンガの側は赤い煙みたいなものに包まれて、こちらも職場環境は良いとは言えず。港には停泊中の船舶が何十隻も。背景も手抜きひとつない緻密な描写に驚愕。未だ建設途中のバベルの塔、神の領域に近づこうとする人間の行く末はいかに...。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大英自然史博物館展 | トップ | 脱皮中!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。