紺青小鉢

ミニマムな和の空間で、日本の伝統文化を再発見

ゴッホとゴーギャン展

2016年10月14日 | 美術館・博物館
まだ開幕して間もないからか、待ち時間もなくゆっくり見られました。東京都美術館で開催中のゴッホとゴーギャン展。先日行ったデトロイト美術館展にもゴッホの作品ありましたけど、こちらの方が展示数多いので良いかと。
南仏アルルで共同生活を送ったゴッホとゴーギャン。性格も芸術性も違うこの二人、初めは良かったんですが、だんだん激論。プチプチプチの末...果ては耳切り事件まで勃発!! ゴーギャンは逃げるようにしてパリに舞い戻ります。ゴッホの夢見た共同生活はたったの2か月で終了しましたが、それでもお互い刺激を与えあったはずで...。その後ゴーギャンはタヒチに渡り、二度とゴッホに会うことはありませんでした。
ゴッホの『古い教会の塔、ニューネン(「農民の墓地」)』、『パイプをくわえた自画像』、『靴』の重々しい色彩がゴッホらしくて好み。『石膏トルソ(女)』も良い。
ゴーギャンの『肘掛け椅子のひまわり』は心に響くものがあります。在りし日のゴッホを思いながら。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デトロイト美術館展 | トップ | 秋晴れ古本日和!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。