紺青小鉢

ミニマムな和の空間で、日本の伝統文化を再発見

endless 山田正亮の絵画

2016年12月13日 | 美術館・博物館
会場の壁面に掛けられたストライプの数々。同じように見えるけど色の重ね具合でだいぶ印象が変わる。近寄れば絵の具の垂れた跡も生々しく、画家の気迫がそこに在るかのよう。東京国立近代美術館で開催中の「endless 山田正亮の絵画」展です。
何年か前に買った絵はがきが、この特徴的なシマシマ模様。その時は絵柄が気に入って買ったものですから、誰の作品だかは存じません。この展覧会のチラシを見て、あ〜あの絵はがきの人かと思い出しました。そのストライプが始まる前は静物画を描いていますが、なんとなくモランディのよう...几帳面っぽい芽が出始め。
作品の変遷というコーナーが興味深い。画風の変化みたいなのがパッと見でわかる仕掛け。壁のお言葉が心に染みます。制作ノートも達筆すぎてあまり読めませんけど。色の洪水とシマシマばかりで目がどうかなっちゃいそうな展覧会。目薬持参でお願いします。



山田正亮の絵画のあとは所蔵作品展「MOMATコレクション」を鑑賞。岸田劉生と河原温のコーナーがありました。日付のやつは残念なことに写真不可!! 企画展『瑛九1935-1937 闇の中で「レアル」をさがす』が、はじめよくわかりませんでしたが、若き芸術家の苦悩を作品と手紙でたどる展示のようです。で、その手紙が読んでいると面白い。ぐだぐだ文句たれてんのとか、ビール飲ませろとか...展示してあるの全部読んでしまいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HAECKELS | トップ | 芸術の起源 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術館・博物館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。