「 花・住む・言葉 」  

Thanks for days.









  



秋に、夜に。

2016年10月19日 | pickup

秋は、何故かふっと寂しくなりませんか。

ここ一か月の間に、偶然知り合いの口からも聞きました。

「春とは違う、寂しさってあるよね」そうなのか、この人もそうなんだと思ってほっとしたものです。

だって、いつも楽しそうにしている人が言った・・。

この感傷的な、突然降って湧いてくる虚しさとでもいいましょうか。

夏は元気いっぱいで力いっぱいな感じです。

その力が緩み、脱力したところで、どこに向かおうかという

迷子になったような

心が迷子。(^'^)

心の持って行きどころを一瞬見失ったようなふうを言うのでしょうか。

いつもの、今までの自分であって

何も変わってはいないんですよね。

風が吹いてきた

それだけのことでしょうけれどね。

たった今のベランダです。

先日の五木寛之さんの「百寺巡礼」、良かったですけれど

初めて観た時の感動には及びませんでした(感動を期待して観たということですね)。

ふいに出合う、予期せぬことが心の中に紛れ込んだ。

初めて観た時は、きっとそういうことだったのだろうと思います。

五木寛之さんの声と、とつとつと語られる言葉の奥深さ

その人自身に沁み渡っていて、そして伝えたいという思いがあるから

こちらに届くのでしょうね。

姿勢の良さが、実際の年齢よりも若く、

何か次元の違う、澄んだ水のような空気を纏っていたようにも感じました。

明日も放映されますね。

観ようと思います。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« その一言は。 | TOP | 珈琲を淹れました。 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。