「 花・住む・言葉 」  

Thanks for days.









  



波と美女と母と。

2017年05月14日 | 映画

 先日、職場のある方が「○○さんは、いつもきちんとされていて元気で一定、波とか無いように見えます」
そんなことを言われた。
「そうですかー、そんなふうに見えるんですね、もやもやしていることありますし、波もありますよ」
「ぜ~んぜん、そんなふうに見えないです」
「人間誰でも、そうじゃないですかー(笑)、バイオリズムってありますしね、無いですかー?」
「もっちろん、ありますよ」

 そんなことを話した。
ずっと前にも誰かに言われたことがあり、気分の波がなくいつも元気に映るらしい。

ちなみに今日の気分は今ひとつの感じでした。ちょっと疲れている感じです。
でも、人には見えない、そうは映っていない
社会人として、人には迷惑をかけないではいるようですね。

理由がなくても、気分のアップダウンってあるのが人間
そう思うのですけれど。

・・・・


そして、今日は以前から約束をしていたので観てきました。
「美女と野獣」

実はディズニーのプリンスでは一番好きです。
ベルのパーソナリティに共感してしまいます。
とても人間らしく自分に正直です。
父親をとても大事にしている
そして知性あふれる女性ですね。
エマ・ワトソンの表情や歌声も合っていて
とても良かったです。
大スクリーンの劇場でしたけれど、ほぼ満席。
年齢層も幅広く感じました。
野獣が魔法にかけられた理由・・・
そして、魔法が解けたことが
人間の成長に欠かせない何かであると
ぐっと心に落ちてきて、この物語の人気の理由かなと思います。
恋愛ものとしても王道ですね。


今日の母の日に、次女にいただきました。
絵を添えてくれました(私の似顔絵ではありません(笑)。誰でもないそうです、綺麗な女性とのこと


良い香りがします。(リップクリームとパック)





ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空間の質。 | TOP | ぱらり、白い花。 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。