「 花・住む・言葉 」  

Thanks for days.









  



始まりはいつの時も。

2016年10月08日 | pickup

いいなって思うことから、すべては始まった。

・・・・・・

ふと思い立つ。

いつのまにか自分自身の中に、降り積もった何かが

ある時、溢れ出すかのように

おもてに現れる。

山に登る自分、10年前には想像できなかった。

片付かないのは、モノが多いこと

そんな単純なことなのに、頭の中は混沌としていた。

目から鱗が剥がれ落ちるかのように

目の前が拓けてくる瞬間。

本の面白さに気づいたのは、きっとあの時。

自分だけが持つ面白さの価値観

誰しもみんなあるだろう。

そして始めてしまったことは、まずやめない

続けることも好きなこと

できる時まで、続けてみよう

そういうことにしておこう。

・・・・・

 

 ベランダの花畑。

       

    コスモスは、群生しているのを見たいと思うけれど、近所にはないです。

    コスモスが秋桜と書く(こともある)、そう知ったのは、山口百恵さんの「秋桜」だった・・・という記憶。

    さだまさしさん、なんて素晴らしい詩人なのだと。

  

クリスマス・ローズ。小さな芽が出て来ています。

・・・

今日は雨の予報がありましたけれど、今のところは降っていません。

朝のうちにと思い、図書館へ絵本を借りに行ってきました。

読み聞かせに使う本を選びに行ったのだけれど、そ・こ・に、時間がかかるということを忘れていました。

聞いてくれる人に意識を置くからですが。

運動も兼ねて、行く時は小走りで、帰りはてくてくとお散歩。

気になっていた鳥の鳴き声、図書館そばの樹の下に立った時に聞こえてきました。

元気な鳥のよう。大きさは中くらい(小鳥ではない様子)。姿カタチまでは掴めません。

近くの神社に立ち寄ると、神前結婚式をされていました。なので鳥居も入らずに頭だけ

下げて、この時は遠慮することにしました。

外に出て記念撮影をされていました。

 

今日、一冊借りてきた本。子どもの本のコーナーにあった。

以前、読ませていただいていたブログで紹介されていた本。

「沈黙の春」は有名で、うちにもあるのですが

この本は初めてでした。さっと読めそうです。

~・~・~・~・~

西の窓際に、ダイニングテーブルをぴったりと合わせました。

そこから入ってくる風と、電車が通る景色、音。

初めてのレイアウト。

いい感じです

いつも、色んな情報をありがとうございます

 

 

 

  

 

    

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森の中の光。 | TOP | アルトリコーダーの音。 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。