「 花・住む・言葉 」  

Thanks for days.









  



その人がその人自身であること。

2016年12月13日 | 映画

「リリーのすべて」

監督:トム・フーバー

エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィカンダー

・・・・

DVDですけれど、映画を観ました。

偶然、貸してくださる方がいました。

長女は劇場で観て、すごく良かったと聞いていて、今日一緒に観ました。

エディ・レッドメイン、今出ている役者さんで一番好きかも。

男性として生まれ、心の中では女性であるということ。

普通を装い(世の中で言われる)、本来の自分自身との溝を埋めることもできず葛藤し続ける

苦しんで生きている主人公。隠していたもの(自分の心の底に沈めていたもの)があるきっかけで確信してからの

怒涛の日々。あふれ出る自分自身を抑えられない。

それを受け入れられない人もいて(それは仕方のないこと)

医学の分野においても、まだまだ研究は進んでいない時代(1920年代のこと)。

人は知らずに傷ついている。

そんなこともきめ細やかに描かれています。

~・~・~・~・~

妻であるゲルダ役の女優さんが素晴らしかったです。

アリシア・ヴィカンダー。

見たことあるけれど、何かわからないと思って調べてみたら、「ロイヤル・アフェア」という映画に出ていて

そこで知っていたんですね。

この映画も面白かったです。

・・・・

実話を元に描かれた映画。

映像の美しさもあります。

劇場で観たら、どれほど良かったでしょう。

普段、映画は好きか嫌いか

好きな部分をクローズアップして観る自分がいます。

それでいいんでしょうね。

良い映画は、人間の泥臭い部分もひっくるめて

美しく心に残す

そういう映画が好きですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 雰囲気を作れば。 | TOP | いつも幸せは美味しいものから。 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 映画