「 花・住む・言葉 」  

Thanks for days.









  



生きた哲学は。

2017年03月07日 | pickup

・人生は出逢い、すべて出逢い(おじさん)

・感謝だよ (おばさん)ご先祖さまを大事に、とも。

・持家はいらないわ、この歳になったらそう思う(義母)・・(以前私たちに勧めていた時代があり)

・働いたよ、とにかく。それがきっと子どもに良いふうになるって思って(義母)

・滅多に来ないのだから、友だちに会ったらいい(母)

・いい大人になったなと思って、嬉しかった(母)

・・・・・

以下は会った数人の友人が言ったこと

運が良いという言葉について

・「運がいいって言うけれど、それは感謝できる人かどうか、そういうことだと思うんだよね

そういう人は結局、運がいいんだと思う。自分がパートの仕事で感じたことなんだけどね」

50年近く生きて、味わった思いについて

・「その気持ちは、私だけしかわからないことだろうね」

子どもの巣立ちに対して

・「寂しいということに随分かかったけれど、やっと吹っ切れた(乗り越えた)」

何か、こんなことがあってこうした、そんなことに対して

・「それでいいのさ 」 (そして、否定せず、肯定しつつ何か聞けば遠慮なく言ってもくれる)

 

いつか自分がもっと歳をとった時には

・「やっぱり人を喜ばす生き方、そういう生き方のできる人になりたいね」

~・~・~・~

昔から知っているということは大きいことだなと思いました。

それぞれの歴史を知っている

あの頃から、今

その間にあったそれぞれの色々なこと

知っているからこそ

今、また語り合える、そんなことも感じました。

良い友(親も含めて)に巡り会えたことは、かけがえのない宝物だと思ったのでした。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 美しい雪の町に。1 | TOP | 美しい雪の町に。2 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | pickup

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。