断捨離シンプルな生き方&ミニマムな暮らし

自分が自分らしくいられるために、シンプルにミニマムに暮らしたい。
かつて収集癖に苦しんだ過去も綴っています

半年間「保留箱」でキープした「アレ」を断捨離

2016-12-05 09:16:22 | 断捨離


師走ですね。

一年の断捨離をしめくくる「年末の断捨離」すすめています。



今回は第一回目


半年間 「捨てる前に一時保留」していた 夫のくつした(ビジネスソックス)を

片方だけ、、、捨てました。


どうしても どうしても見つからないんです。

洗濯機の裏とかに落としたのかと探したけど見つからず。。

未だに七不思議のひとつ。

干し場で風で飛んでいっちゃったのかな~~???

それとも 酔っぱらった夫が どっかに脱いで忘れてきて

元々片方だったとか。。大笑



そして、こちらは 私のソックス。



パンプス履く時に使うやつです。

これもね、一応保留箱に入れておきましたが

やっぱり いつまでたっても もう片方出て来ず。


これには自分の事ですので、さすがに心当たります。

実家に帰った時に 置いてきてしまったんではないかと。


母からも連絡ないので、たぶんそのまま 実家のどこかの片隅で

彷徨っている可能性あり 笑

さすがに あきらめました。



めったにないことなんですけどね。

たまにあるんですよね 気を付けてても。



さ、次の断捨離は。。 金食い虫の「これ」だ! 次回お楽しみに。





この記事をはてなブックマークに追加

ごぶさたしています・・・

2016-11-30 08:18:19 | 日記 雑感



1カ月半くらい更新から遠ざかってました。

すみません

ごぶさたしております。



ほんのお詫びの気持ちで

「テンプレート」 変えてみました。


落ち着いた色調で秋っぽいでしょ 大好きな小鳥のモチーフで


・・・


・・・


たったこれだけですが、、 笑


よかったら今後もおつきあいくださいね。


今日が皆様に平穏な一日でありますように・・

この記事をはてなブックマークに追加

とと姉ちゃんロス&両親はリアルとと姉ちゃん

2016-10-09 15:51:54 | 日記 雑感



ここ数日 毎朝、溜息ついてます。

とと姉ちゃんが恋しい。


あの常子の笑顔と涙に支えられてた日々が懐かしい。

(「マッサン」や「はるが来た」終了の時も 同じ現象が起きたっけ~~笑)


結局 独身を貫いたまま(モデルになったご本人もそうだったらしい)

働きづめで妹たちを学校にやり結婚するまで見届け、母親を最期まで看取り

家も建てて 家族を守り 立派に「とと」の役目を終えた常子。


凛とした生き様に感銘を受けました。


実は私の母と父も 「リアルとと姉ちゃん」と言ってもいい人たちなんです。


昭和30年代のこと、

母は仕事をしながら1人暮らしをしていた弟に自分の給料の中から仕送りをしていたそうです。

(両親(私にとっては祖父母)がいたのに 貧しかったので母が肩代わりしていた)

大学進学時に借りていた自分の奨学金も返していたので

二重で大変だったとか・・ 結婚してからもずっとそれを返し続けたそうです。


父は早くに両親と死別し

年の離れた姉(私の伯母)に世話をしてもらっていた父は

就職してからは、若くして後家さんになった姉の援助を続けました。

またその姉の子どもたちの就職先を紹介したりと何かと力になってみたいです。

生活費も負担して、年の離れた妹(私の叔母)の高校の授業料も援助していたそうです。



両親の若かった時代は、まだまだ貧しい家庭が多く

きょうだい同士で助け合ったりという

「とと姉ちゃん」さながらのことが当たり前のようにあったらしいです。

そういう選択肢しかなかったというのもあるとは思いますが。。



どうにか30歳頃に結婚生活をスタートした両親は

なんにもないところからの出発だったようで

それはそれは がむしゃらに働いたと話していました。


そういう両親もいまや孫に囲まれて幸せに暮らしています。


とと姉ちゃん・・

「ここまで会社を大きくするのにはさぞ大変だったでしょう

よくがんばりましたね」

って最後 夢の中で 死んだ「とと」(お父さん)に褒めてもらえましたよね。

そのシーン見た時 涙が出ました。


そして思いました。


しあわせは 他人に与えられるものではなくて

じぶんでつかむものだと。


ああ、とと姉ちゃん パワーをありがとう。




みなさんの↓クリック応援↓ 励みになってます。いつもありがとうございます!!
お帰りの際に、押していただけるとすごいうれしいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ    
にほんブログ村 断捨離 ブログランキングへ



 

この記事をはてなブックマークに追加

息子に「こんまり流断捨離」を指南。すっきり部屋に!

2016-09-23 11:01:32 | 息子の部屋&断捨離



夏前に一人暮らししている息子のところに行きました。

もちろん様子を見るためです。


「よそさまに迷惑をかけていないか 悪さをしていないか・・・」

というのはウソです。笑


働いているし 基本自分のことは自分でやって

親離れしてくれています。


ありがたいことに 今のところ 心配することはありません。

(元気で働いてくれてればそれでいい。多くは望みません)



あえて言えば、外食ばかりなので食生活の乱れが気になるところですが。


以前は手作りしていたこともあったようですが

今は 仕事が忙しく余裕がない。ということで自炊はやってないようです。


1こだけある片手鍋

(学生でこれまた一人暮らししていた時に持たせたもの)

も 使ってある形跡がありませんでした。


ということはお湯も沸かしてない? 苦笑


数日、近くのホテルに滞在したんですが

気になったのが、部屋の物の多さ。

いや、狭いので物が多く見えるのもあるんですが。



クローゼットにはハンガーに掛けられた服がぎしぎしに並んでました。

靴も、前回訪れた時よりも数足増えてて、靴ラックに収まりきれていませんでした。



本人も気になっていたのか、「処分したいんだけど捨てられないんだよね・・」とのこと。


一度 CD,DVD,ゲーム類は 買取りショップに持ち込んで処分したらしいです。

数年間、自分では腰が重くなかなか処分しに行けなかったらしいので

それを思うと 進歩ですね。


服も 持ち込んだらしいんですが

きれいなのを選んで10枚くらい持ってったら、 「80円で買い取ります」と言われ 

たまらず持ち帰ったとか・・ 笑


もちろん そのまま捨てさせてもよかったんですが

不要のものをチェックしたら 未使用品がちらほらあって

それだけでも 1つ数千円で売れる見込みだったので

ついでに 中古服や靴もいっしょに送ろうと思ったわけです。


ということで、「私がオークションやフリマで処分してあげるよ。」

と、 ダンボールに入れて 自宅まで郵送。


後日いろいろ出品して かかった郵送代の元は取れ 2万円くらいの売上になりました。

あのまま捨ててたら0円。 しかもごみ処分で自治体もお金がかかりますよね・・


その際 こんまりさん流で 断捨離していきました。


・ まずは服から。 すべての服を部屋全体に広げ

「ときめく」「ときめかない」で やっていきました。

以前 彼が買取店に持ち込んだ経験が役に立ったみたいで

案外 すんなりと 分別ができてて、、意外だったので余計感心しました。

古いものは 高校生の頃から着ていたシャツも まだありました。


・ そのあと小物に移行。 

友達からもらったというお酒のボトルがまだ飾ってありました。

ひと口だけ飲んで 味が好みでなかったのでその後は呑んでないと言ってたので

了解を得て中身をどぼどぼ捨てました。苦笑

ボトルも後日びんの回収日に捨てるよう伝えました。


一見したところ、細かい雑貨は増えていないようでしたが

まあ何せ狭い部屋に パソコンなどの機器がずらりあって

しかも、趣味のロードバイクの自転車やら

筋トレ用のバーベルが 置いてあったので

これ以上物を増やさない方がいいねと話し合いました。


それともう少し きれいに掃除すること。特に浴室・・

部屋もほこりでは死なないかもしれないけど

「快適な暮らし」を送れるように休みの日には掃除しなさいと一言。

部屋の乱れは心の乱れ!なり。

息子苦笑い。。


早く、そういうこと チクチク言ってくれる

しっかり屋さんで気の利いた彼女ができてくれることを祈るばかりです。



こちらはまだ処分していない息子の冬服10着くらい&靴2足

数千円くらいにはなるでしょうか??






みなさんの↓クリック応援↓ 励みになってます。いつもありがとうございます!!
お帰りの際に、押していただけるとすごいうれしいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ    
にほんブログ村 断捨離 ブログランキングへ





この記事をはてなブックマークに追加

使い切った、気持ちいい

2016-09-09 18:50:28 | 断捨離


ムダにしない。 最後まで使い切る。

いただいたものも、買ったものも。







あたりまえのことがあたりまえにできていなかった頃・・


今は使わないなら もらわないことにしてるし

使えなさそうなら 最初から誰かにあげる


必要なものだけを買う。 もらう。

それは受け身の場合だけではなくて


もしも人になにかを あげる時 もらってもらう時は

恩着せがましくならないようにしなきゃ


相手がよろこんでくれそうなものを 渡すように心掛けようと思う

 

みなさんの↓クリック応援↓ 励みになってます。いつもありがとうございます!!
お帰りの際に、押していただけるとすごいうれしいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ    
にほんブログ村 断捨離 ブログランキングへ


この記事をはてなブックマークに追加