カモのいろ色日記~今日は何色?

日常の出来事、感動した事、ときめいた事etc

映画「永い言い訳」

2016-11-06 | 映画
auパスを使って月曜日でも安く〜
自分がauスマートパスに入っているとはね。。知らなかった

「永い言い訳」観て来ました
主演は本木雅弘、監督は西川美和監督
西川美和監督は「ゆれる」以来気になる監督です。
今回の作品は、監督自信の小説が原作。

お話は、人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)妻・夏子(深津絵里)
親友とスキーに出かけるところから~
夏子はそのスキーバスの事故で、親友とともに亡くなってしまう
その時、幸夫は浮気の真っ最中。。
幸夫は悲劇の夫を演じ通すことに。
そんな時、妻の親友の遺族のトラック運転手の夫・陽一(竹原ピストル)と2人の子供に出会う。
悲しみに暮れながらも、必死に3人で生きている姿を見て、
幸夫は自ら2人の子供の世話をすることを申し出る。

子供のいない幸夫は、見よう見まねで子供たちの世話をするが、何とも楽しそう~
2人の子供の泣き言も言わずに頑張る姿が切なく愛おしい。

愛する人を突然亡くし、時が止まったかのように思えても、
そこから人々は何かを見いだし前に進もうと。
幸夫も妻を亡くして初めて妻と向き合うことに。。
最後に陽一たちから、陽一たちの家族と妻・夏子が楽しそうに笑って写る写真をもらう。
そこに幸夫も一緒に笑っていたら…と、つい思ってしまうけど。。
でも妻が生きていたら、いつになっても分からず知らないままの妻の一面・・
人生って、矛盾だらけだなあ。。
西川美和監督は、そんな人間の心の機微を描くのが上手いなあと。

それから、竹原ピストルさんの容姿のいかつさに、最後まで実はコワイお父さんでは?
と疑いながら観てしまった



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋バラ 2016 大船植物園にて | トップ | 上野に~「禅 ー心をかたち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。