広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妊娠カレンダー

2006-02-09 06:27:50 | reading

最近お気に入りの作家は、小川洋子。
読売文学賞を受賞した『博士の愛した数式』が映画化されましたね。
今まで読んだことのない作家でしたが、映画化されたのをきっかけに読みはじめました。
今日読み終えたのは『妊娠カレンダー
「妊娠カレンダー」「ドミトリイ」「夕暮れの給食室と雨のプール」の3つの短編集です。
「妊娠カレンダー」は芥川賞受賞作。
これ、読まれた方いらっしゃいますか?
「ドミトリイ」の続きを知りた~いって思ったのは私だけでしょうか
いいところで終わらせちゃうっていうのも短編小説のおもしろいところなのかもしれませんが。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己紹介 | トップ | やり直し英会話 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (このみ。)
2006-02-15 20:27:38
この本面白かったですね。

独特の世界観に惹かれて、小川洋子大好きです。

続きを読む人に任せるところもいいですね。

コメントを投稿

reading」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「妊娠カレンダー」小川洋子 (テンポ。)
この本は表題作、芥川賞受賞の「妊娠カレンダー」の他に、 「ドミトリイ」、「夕暮れの給食室と雨のプール」と、3つの中篇を収録した本です。 3作とも古くて寂しげな建物が印象的。 題名からして危険なのですが、妊婦さんは読まない方が良いと思います(汗 後、食欲不振で