曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

9.29院内緊急集会に結集し総選挙に決起する

2017年09月14日 09時54分40秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

               政 策 連 合

                               

                            「植草一秀の『知られざる真実』」

                                         2017/09/13

             9.29院内緊急集会に結集し総選挙に決起する

               第1844号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017091321150241192
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-41776.epub
────────────────────────────────────
臨時国会の召集日がいつになるのか、まだ確定してない。

これまで9月25日と見られてきたが、安倍首相の外遊日程との絡みで変更の
可能性があるのだという。

他方、米国のトランプ大統領の訪日可能性が報道されている。

11月上旬にも来日する計画が組み立てられている。

衆議院の任期満了は来年の12月。

それまでに必ず衆院総選挙が実施される。

新代表を選出した民進党が出だしでこけた。

山尾志桜里議員スキャンダルのネタ提供者は民進党内部だとの見方が流布され
ているが信用できない。

この情報拡散で誰が一番得をするのかを考えることが答えを見出すカギにな
る。

民進党は代表選で党内の足並みの乱れを露呈した。

これを奇貨として、民進党を円満に分割する方向に行動するなら、民進党の叡
智に対する信頼が回復する可能性もあった。

ところが、決定的な路線対立が存在することを確認しながら、代表選が終われ
ば、その路線対立はなかったことにするかのように、いままで通りの進み方を
しようとしている。

これが、民進党が見直されない大きな理由になっている。

しかしながら、基本路線が明確にならないことに業を煮やして、一部議員の離
党の動きも本格化しつつある。

多大な時間を投下して代表選を実施しながら、新生民進党に期待する主権者が
ほとんどいない現実を民進党執行部はどう受け止めているのだろうか。



山尾氏スキャンダルの情報源は官邸筋であると考えられる。

そして、狙いは的中した。

前原民進党の出鼻をくじくという目的は完全に達成されたと言ってよい。

この理解が示唆することは、総選挙が近いということ。

可能性は二通りだ。

第一は、9月末にも招集される臨時国会冒頭で衆議院を解散するケース。

この場合、10月22日が投票日になる。

第二は、10月22日補欠選挙結果を見た上で年内総選挙を判断するというも
の。

この総選挙シナリオにはトランプ大統領の訪日が最大に活用されることにな
る。

10月22日補選で自公が勝利を収めれば、総選挙にゴーサインが灯る。

野党の選挙態勢が整わぬうちに、そして、新党に政党交付金の配分が行われぬ
うちに選挙をやってしまう。

この場合11月解散、12月中旬投票日という流れになるだろう。

年内総選挙の観測があまり流布されていないことが、逆に年内総選挙の可能性
が高いことを示唆しているように思われる。

「安倍政治を許さない!」と考える主権者は、大同団結して次期総選挙に挑ま
なければならない。



こうしたなか、9月29日に「オールジャパン平和と共生」は、

「安倍やめろ!院内緊急集会」

を開催する。

テーマは、「森友・加計疑惑を徹底追及する!」だ。

9月29日(金)午後5時から衆議院第一議員会館多目的ホールで開催する。

この集会では4名のスペシャルゲストをお招きして、森友・加計疑惑を徹底糾
弾していただく。

4名のスペシャルゲストは、

「加計学園問題追及法律家ネットワーク」共同代表で山梨学院大学法科大学院
教授の梓澤和幸弁護士、

「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」共同代表で東京大学名誉教授
の醍醐聰氏、

「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表で、加計学園による獣医学部新
設に伴う新校舎建設のさまざまな疑惑を徹底追及されている新進気鋭の黒川敦
彦氏、

8月29日に衆議院第一議員会館で「安倍やめろ! 8・29緊急市民集会」を
開催し、400名以上の市民を集め、多数の識者からの政権糾弾メッセージを
発した「森友告発プロジェクト」共同代表で、「村山談話を継承し発展させる
会」理事長の藤田高景氏

である。

いま、日本中で森友・加計疑惑に象徴される安倍政治の腐敗、政治私物化問題
に対する怒りの炎が燃え盛っている。

そうしたなかで、代表的な運動をけん引されている識者から、問題の本質を深
く、そして鋭く抉っていただく。

こうした考察を踏まえて、次期総選挙に挑まねばならない。

次期総選挙で安倍政治を打ち倒す秘策は、「政策基軸選挙」である。

総選挙争点としての最重要性政策を絞り込み、この政策について、主権者の判
断を仰ぐ。

「政策選択選挙」を実現し、「政策連合」でこの選挙に何としても勝利する。

この目標に向けた、極めて重要な集会になる。

「安倍政治を許さない!」と考える主権者が一人でも多く参集し、判断を共有
することが総選挙勝利の第一歩になる。

広く情報を拡散いただき、主権者の参集を呼び掛けていただきたく思う。



9月29日の「安倍やめろ!9.29院内緊急集会」のスペシャルゲストとしてお
話をいただく梓澤和幸弁護士、藤田高景氏は、オールジャパン平和と共生の顧
問も引き受けていただいている。

当日は平和と共生の最高顧問を引き受けて下さっている元日本医師会会長の原
中勝征氏も出席予定である。

梓澤和幸弁護士が共同代表を務める「加計学園問題追及法律家ネットワーク」
は、加計学園の獣医学部新設問題について、獣医学部の新設は「裁量権を逸脱
・濫用する違憲かつ違法の決定」である疑いがあるとして、8月7日、国家戦
略特区諮問会議で認定に至った経緯を確認するための質問状を安倍首相らに
送った、

「加計学園の獣医学部を認めた国家戦略特区は「憲法違反」」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/211130

質問状では、獣医学部の新設には、2015年6月の閣議決定で設けられた、
既存の大学・学部では対応困難な場合や、近年の獣医師需要動向を考慮する―
―といった「石破4条件」を満たすことが不可欠だったにもかかわらず、議事
録を確認する限り、加計学園では「具体的な検討・検証を経て共通認識に至っ
た形跡が窺えず、石破4条件を充足するとされた確たる根拠は不明」と指摘し
た。

質問状は、特区認定が、憲法65条や内閣法4条の趣旨に反する――としてい
るほか、

国家戦略特区基本方針では、〈諮問会議に付議される調査審議事項について直
接の利害関係を有する議員は審議や議決に参加させないことができる〉(特区
法)とあるのに、加計孝太郎理事長と親しく「利害関係を有する立場」の安倍
首相が認定したのは「違法なものというほかない」と断罪している。



日刊ゲンダイ記事は、

「憲法14条は、すべての国民は法の下の平等にあり、『政治的、経済的又は
社会的関係において差別されない』と規定し、憲法95条は、地方公共団体の
みに適用される特別法は、当該地方公共団体の住民投票で過半数の同意を得な
ければ、国会は制定できない――とある。

しかし、国家戦略特区は住民の意思など全く関係なく、特定の地域に恩恵をも
たらす仕組み。つまり条文の趣旨を明らかに逸脱している」

との司法ジャーナリストの指摘も紹介している。



東京大学名誉教授の醍醐聰氏が共同代表を務める

「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」

の7名は、8月21日、財務省、国税庁の担当者と面会をし、最終集約の署名
簿10,706筆を添えて、麻生大臣宛て(佐川氏の罷免要求)と佐川氏宛て(真相
証言と辞職勧告)の申し入れ文書それぞれ提出した。

http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/10706-cac9.html

麻生財務大臣宛て「佐川宣寿国税庁長官(前財務省理財局長)の罷免を求める
申し入れ」

http://sdaigo.cocolog-nifty.com/asodaizinatemosiire_20170821.pdf

佐川国税庁長官宛て「国税庁長官の辞職と真実の証言を求める申し入れ」

http://sdaigo.cocolog-nifty.com/sagawachokanate_mosiire20170821.pdf

「森友文書廃棄は違法~佐川氏の罷免求め署名」
 (日テレニュース24、2017年8月21日 17:01)

http://www.news24.jp/articles/2017/08/21/06370306.html 

「佐川国税庁長官の罷免求め申入書 市民団体が財務相に」
(朝日新聞デジタル 2017年8月21日、18:33)

http://www.asahi.com/articles/ASK8P56TJK8PUTIL027.html 



財務省前理財局長で国税庁長官に昇格した佐川宣寿氏は、森友学園への国有地
払い下げに関する重要公文書を廃棄したと強弁し続けた。

また、国税庁長官に就任後も、定例の記者会見さえ拒絶している。

このような不法がまかり通っているわけだが、このような現状を放置するわけ
にはいかない。



加計学園の獣医学部新設に伴う新校舎建設費が水増し計上されている疑いが濃
厚である。

森友学園は補助金詐取容疑で刑法の詐欺罪が適用されて逮捕、起訴されている
が、補助金詐取の規模では、森友学園は加計学園の足元にも及ばない。

加計学園の補助金詐取はまだ立件されていないが、大阪地検特捜部が本格捜査
を行わないなら、これもまた、日本の警察・検察・裁判諸制度の深刻な腐敗を証
明する実例になる。

自由党の森ゆう子議員が加計問題でも厳しい追及を示してきたが、重要資料を
全面的に提供されてきたのが黒川敦彦氏である。

9月23日には、愛媛県今治市で大規模なデモが計画されている。

今治で草の根から、不正事案の告発を地道に展開し続けているのが黒川敦彦氏
である。

9月29日には、黒川氏が肉声で加計問題の核心に迫る。



「森友告発プロジェクト」も精力的な活動を展開されている。

6月21日、8月29日に開催された院内集会には、私も出席して意見を述べ
させていただいた。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-bc50.html

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/829epa-7ea6.html

6月集会には、東京新聞社会部の望月衣塑子記者も駆けつけて登壇し、前川喜
平前文部科学事務次官に対するインタビュー内容を詳細に語った。

そして、望月氏の安倍政権を厳しく追及していくとの意思表示に、会場を埋め
尽くした市民が万来の拍手で応じた。 

藤田高景氏は「森友告発プロジェクト」共同代表の一人で、森友告発プロジェク
トの活動状況についても講話があると思われる。



政治の本来の主役は、主権者国民である。

主権者国民が、大きな目標を掲げて、大同団結、連帯を強めれば、日本政治を
動かすことができる。

そのためには、主権者国民にとって、もっとも重要で、もっとも切実な問題に
焦点を絞り、明確な選択肢を主権者の前に提示することが必要である。

その最重要テーマとして掲げるべきものが

原発と消費税であると考える。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世論調査は所詮報道機関によ... | トップ | (前原新民進党代表に伝えた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治経済、社会・哲学、ビジネス、」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。