曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなことはしたくない。

真実を曲解し不正な情報によって世間の人々にこびへつらい、世間にとり入れられるような、ことはしたくない。

【多くの国民が政治無関心、政治不信でノー天気に浮かれているうちに、「安倍自民党」と極右「日本会議」の目指す、「軍国主義独裁国家・独裁政権が出来上がる】

2017年04月26日 10時03分04秒 | 政治経済、社会・哲学、ビジネス、

 

【多くの国民が政治無関心、政治不信でノー天気に浮かれているうちに、「安倍自民党」と極右「日本会議」の目指す、「軍国主義独裁国家・独裁政権が出来上がる】
 
まず、日本のメディアにひとこと。
「フランス大統領ー決戦投票」で日本メディアはフランスのルペン率いる右派国民戦線を極右政党と言う。ならば、アベ氏が率いる自民党も極右政党とか言ってほしい。
 以前の自民党の「保守」ではなく、今や全く違った政党で「戦前の日本に戻り、戦争ができる日本」にしようとしてる政党だ。だから、世論調査では『あなたは極右政党安倍政権を支持しますか?』と正しく問うべきだ。 
 だれも戦争などしたくないのだから。支持率下がり、これが、ホントに正しい世論となるはずだ。
イメージ 1
 
さて、話は変わるが、4月16日にトルコで「議院内閣制から大統領制に移行する憲法改正の是非を問う国民投票」が実施された。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、大勢の人、屋外

【トルコは日本の近未来になるであろう 永年のエルドアンの念願が叶った アベ氏の独裁も「共謀罪」が成立すれば完璧に独裁者になれる】
さて、4月16日トルコで国民投票が実施された。
「独裁者エルドアン大統領」は賛成票51%、反対票49%で、ギリギリの勝利を果たした。 ギリギリであろうが勝ちは勝ちになる。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スーツ

【永年のエルドアンの独裁制への念願が叶った シリアのような内乱がおきないのか、心配になる。】
 トルコの今回の国民投票は、「議院内閣制から大統領制に移行する憲法改正の是非」を問うものだった。
 これは、憲法改正後は大統領に権力が集中し、立法にも司法にも介入できるようになる。
 憲法改正によって首相職は廃止され、エルドアン大統領は、閣僚の任命や非常事態令の発令の権限のほか、司法にも影響力をもち、名実ともに絶大な権力を握ることになる。
つまり、三権分立が骨抜きになる。
トルコもシリアや北朝鮮などのように独裁政権となる。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スーツ
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

 
【アベ氏は自分に置き換えて、我もまた近いうちに必ずと思ったに違いないのだ】
画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト
 現実的には、今の日本も三権分立が骨抜きになっている 大手メディアが批判しないのが危険だ。マスメディアだって報道の自由が奪われるに・・。 何故なのか? ホントに報道の自由が奪われても良いとおもっているのだろうか? 

 今の日本と同じような感じだ。表向きは安倍自民党は何も言ってはいないが、現実的には、「圧力」や「人事権」の乱用で既に、日本もそうなっている現実だと強く感じる。 憲法もヘチマもない状況だ。
ここで、「共謀罪」が成立すれば、安倍自民党の独裁政権は、もう完全にお膳立ては整うことになる。
イメージ 2
 
何せ、自分に反対する輩は、好き放題に「共謀罪」で監獄の投獄できる国なるのだから。
もはや、今の政権に「現憲法」など、守って国を運営していく姿勢など全くない。これまでの、法案は違憲の法案ばかりだ。
数の力で国会でも、憲法まで押しつぶす・・。
こんな乱暴が許されるとは思ってもいなかった。この5年で憲法はズタズタにされた。
【数の力で、強引に「共謀罪が成立」するつもりだ】
 大手メディアのテレビや新聞などが、こうした、現憲法違反の法案など大事な事を批判して報道しないうちに、ジワジワと独裁制になっていき、そうなれば、これはもう、時間の問題で、名実ともに独裁者になる緊急事態条項を含む「改憲」への行動をつるだろう。

【ナチスもそうだったが、トルコのエルドアンも、民主的な選挙で「独裁」を勝ち得たのだ】
 日本も、大手マスメディアがこのままの状態で「批判もせず、だんまりしていれば」 世論は変化せず、選挙でアベ一強の独裁政権ができ、やがて国民投票という民主的手段で、緊急事態条項を含む「改憲」の選挙を行い。 安倍自民党の総裁のアベ独裁者になるのだ。

▼最後のNEWステ。「安保法制」の時の安部批判。みな、今は降板させられている。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

アベ氏は、4月16日にトルコのエルドアン大統領が勝ったことを、シメシメと思ったに違いない。
多くの国民が政治無関心、政治不信でノー天気に浮かれているうちに、「安倍自民党」と極右「日本会議」の目指す、「軍国主義独裁国家・独裁政権が出来上がるのだ。
国民よこれで本当に良いのか? 政治に無関心でいいのか?
※山と土と樹を好きな漁師 佐々木公哉のブロぐより「転載」


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本で反グローバリズムが勝... | トップ | 腹八分・腹六分のあいまい共... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。